本能ブログ(honknowblog.com)

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

【新型コロナウイルス】外出自粛規制の今すべきこと

f:id:honknow:20200305185115j:plain

収束の糸口すらつかめていない、新型コロナウイルス。感染拡大は日本、中国だけの問題だけではなく世界的な広がりを見せている。ニューヨークダウは歴史的な暴落と高騰、日経平均株価も下落したまま完全に戻る兆しは見えてこない。

 

経済に与えるインパクトだけではなく、学校が突然休校になった子供たちやティーンの暮らしにも影響を与え始めている。安倍さんの休校という判断の是非は様々あろうが個人的には仕方のない判断だったと思う。政府の大義は国民を守るために存在するわけで、経済活動やイベント等々のプライオリティよりも「国民の生命」が圧倒的一位に来るから当然の決断なのではと考える。

 

新型コロナウイルスのここまで

ここまで分かってる、新型コロナウイルスの致死率は(NHKより)

 

中国武漢 5.6%

武漢以外 0.7%

 

ちなみに、インフルエンザの致死率は

0.1%

 

この数字をどう見るか。インフルエンザに比べると7倍のリスクと取ることも出来るし、たったの0.7%ととも取ることが出来る。

 

なぜインフルエンザの致死率が低いのか

 

人類がインフルエンザと戦ってきた歴史がある

インフルエンザの治療薬の開発が進んでいる

 

からである。逆に言えば、今回の新型コロナウイルスは

 

前例の無い未知のウイルスで、治療薬がない

 

事に加え、医療関係者の本能的には

 

データがない

 

事が、様々な憶測を呼び、デマが起こり、社会不安を煽り、情報が錯綜する要因になっているのではと考えている。

 

政府の外出自粛要請

 

北海道の緊急事態宣言は一旦置いといて、政府の外出自粛規制とは何がOKで何がOUTなのか難しい判断を国民は迫られている。具体的にライブハウスやスポーツクラブがやり玉にあげられて、業界の方々は頭を悩ませてると思うとやりきれない。東京事変がライブを強行したことに批判が集まって、その後の予定が全てキャンセルになったのは記憶に新しいが、彼らも彼らなりの考えで開催中した訳なので無策、無謀だったのではないと信じてあげたい。なぜなら、前例のないウイルスなので。

だからと言って、ずっとテレワーク、ずっと在宅で何かをこなし続けると言うのは精神衛生上良いはずが無く、

 

どこに出かけたら良いのか分からない

 

のである。最初の悩みはここである。どこなら良いのだろうか。国家資格保有者で医療関係者の感染学を多少学んだ本能的には、オープンスペースである屋外の散歩や少人数のゴルフなんかはリスクが低いのではないかと思う。狭いスーパーよりは、人の少ない大きなショッピングセンターなんかもリスクは高くないと思う。(お客さんの入りまで予想出来ないが)スポーツと言っても、フィジカルコンタクトがあるようなスポーツ(サッカー、フットサル、ラグビー)なんかは市民レベルで屋外にするにしても今はあまり好ましく無いような気がする。

屋内、自宅にいる際でも同じ体勢で居続けると肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)にな可能性も否定出来ないので、2.3時間に一回は軽く散歩するか下半身のマッサージをオススメしておく。

 

では、マスクやアルコール消毒剤が完全に供給不足となっている今感染予防対策とは、何を指すのか。感染の経路とは、粘膜である事が多く具体的に言うと口腔内、鼻粘膜、目の粘膜をウイルスの付着した手指で触る事により体内に侵入してしまう。これは、新型コロナウイルスに限った事ではないのだが。なので、旧来から言われてるように

 

手洗い、うがい

 

と言う、オーソドックスな感染予防こそ今できる基本的で最適な感染予防対策なのである。アルコール消毒でなくても、

 

1分以上、手指手首まで丁寧に洗浄

 

すればウイルスの付着率はかなり下げられる。一分と簡単に書くが、実際にすると結構長いので試してみて欲しい。後は、手指洗浄前に鼻粘膜に指を入れる、目の粘膜をこする、このような無意識な所作が感染のリスクを高めることを今一度、心に止めておいて頂きたい。

f:id:honknow:20200305185135j:plain

今後の展開は

政府を責めても、行政を責めても、保健所にクレームを入れても、ウイルスの進行が止められるわけではない。かと言って、どこなら安全でいつ頃ピークアウトするのか誰にも答えは分からない。

 

ワクチンだって、完成してもすぐに製品化できて一般市民に届き渡るのにどんなに急いでも1年はかかると考える。動物実験、人体実験、臨床治験、厚生省の許認可(実は日本はこの薬事の認可が通りにくく遅いことで有名)というステップを考えると余程の権限で裁量を持った政府がスピード認可の決定をしたとしても、2020年度内はないと思う。

 

 今ひとつアドバイス出来るとすれば、お湯で防げるみたいな怪しい情報に扇動されないためにも、あふれる情報をすぐに信用するのではなく、それが信用たりえる情報なのか、真偽不明の情報じゃないのか

 

自分で情報を集め、自分の頭で考える

 

癖をつけて、今はしのぐしか無いと思う。反射的に物資を買いだめしてしまうような行動を取らないためにも。

 

今回の記事は端切れが悪く、大変申し訳なく思う。だが、自分だけではなく今何が正解か不正解か誰にもわからず世界が混乱している。一つ言えることは、各国が

 

人の移動を大きく制限し始めた

 

ということ。憶測ではなくこの事実から何を読み解くのか本質力が問われるターンに入ってきたと思う。