本能ブログ(honknowblog.com)

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

【テラスハウス】#40 Naver Forgive Luigi レビュー "首の長い赤鬼劇場"

f:id:honknow:20200414194912j:plain

個人的に撮影の続行が可能なのか不安だったが、やはり正式に40話をもって休止することが発表されたテラスハウス。テレビ制作の現場にもジワリジワリと影響を及ぼしてきていて残念な気持ちがまた一つ増えてしまった。気持ちを切り替え休止前最後のレビューとしたいと思う。しかも主役は我らが「にいにい」である。

ビビとレオとしおんの関係

f:id:honknow:20200414194504j:plain

怪我の治療をしているレオにコーヒーを飲みたいとせがむビビ。彼女の場合分かりやすくて自分が好意のある対象に対しては自分から積極的に絡みに行くように見える。ある意味素直でわかりやすい人なんだなと感じる。

f:id:honknow:20200414194517j:plain

後に出てくるがしおんとの違いはここにあるように思っていて、レオに関しては凌くんのときと同様「男性としてみている」感じがするのであるが、残念ながらしおんは「中の良い男友達感」が抜けない感じがするのである。この二人に流れている空気感は映像から見ていても合っている思うが後の逗子&湘南デートで明らかになるのであろう。

f:id:honknow:20200414194527j:plain

しおんはビビから誕生日プレゼントをもらう。この2冊のタイトルだけ見れば勘違いしてしまう男子もいるかもしれないw 自分に向けられたメッセージなのかと。

f:id:honknow:20200414194535j:plain手書きの英語の手紙も添えられていて、ビビの演出もなかなか粋である。というか粋で終わればよいのだがここまでされると普通は結構勘違いしてしまうのではないかとw

f:id:honknow:20200414194543j:plainとても嬉しそうにするしおんが印象的だったので個人的な推測はそんなに間違っていないかもと思っている。

f:id:honknow:20200414194553j:plainそれを見ていたレオが若干怪訝そうにしてたのが気になったが、まだ入居当初で完全にビビに狙いを定めたという感じでもなく焦る感じでもないのが社長との決定的なちがにほかならない。

夢と社長の北海道旅行

f:id:honknow:20200414194602j:plain

知らぬ間に夢と社長は北海道旅行を計画していたのである、ドン引きする花。うん、花じゃなくてもドン引きしますよ普通w付き合ってもない男女が泊まりで鬼ほど遠距離な旅行ってするものなのでしょうか?個人的な見解だが男性が誘ってもこの手の話に乗ってくる女子は少数で、ぐいぐい押す社長はまぁ20代男子って感じだが(三十路ですけどね社長)それに応える夢の感覚が個人的には信じられない感じである。押しに弱い押しに弱いと連発するが男性のせいにして自身の行為を正当化するタイプの子で尻が重い感じではないのかもしれない。

今週の社長はブレイクしすぎ

f:id:honknow:20200414194613j:plain

女子に向かって突進する線の細い鬼にいにい赤鬼である。わかりきったことではあったが

f:id:honknow:20200414194632j:plain

セクハラタイムに突入。イキってやっているのかエロいのか判断が難しいところ。だが、見ているこっちからすればわかりやすい行動で嬉しくなるがw

f:id:honknow:20200414194721j:plain

その後も積極的に二人になり北海道旅行のプランニング。もはや会話自体が付き合っている二人である。これに違和感を覚えず乗ってしまう夢って何も考えていないのかこちらが想像するよりも意外と社長のことが好きなのか判断が未だに難しいところである。

f:id:honknow:20200414194730j:plain

ビビの濃厚なキスシーンをみる社長、期待通りのリアクションで安定して怖い。

f:id:honknow:20200414194739j:plain

見終わってテンションが上っちゃったのか恋人ばりのハグというか抱擁ですねコレ。方法論は微妙すぎるが一目散一直線に夢に向かう姿は昭和の残り香のする肉食動物のそれである。女性に対して積極的に行かなくなった現代の男子はこの「姿勢だけ」は見習うべきであるw

f:id:honknow:20200414194751j:plain

借り物のジャガーで颯爽と送迎、彼女を送る彼氏そのものである。こうして毎週社長をウオッチングして気がついたのだが彼はこうして既成事実を重ねて恋愛やベットに持ち込むスタイルの手法を取るということに気がついた。よくある「付き合ってるってちゃんと言われてないけど多分彼氏」的なポジションにいがちの人である。

f:id:honknow:20200414194759j:plain

投げキッスが許さるのは人類でジャニーズかジャスティン・ビーバーしか居ないことを彼は知らない。それが借り物の高級ジャガーであってもだw

超絶キモいんだけどなんか許されるにいにい、そしてそれに応える夢。ある意味合っている二人なのかもしれない。

日本を感じる和風デートと煮え切らないしおん

f:id:honknow:20200414194805j:plain

レオをアニキと慕いアドバイスを求めるしおん。初期メンのルカ程ではないが、男性としての存在感をいまいち女子に見せれていない彼であるがオトコ味が強いレオと話して収穫はあったのだろうか?見ている分にはまったく役に立っていないような男子飲みだったw

f:id:honknow:20200414194819j:plain

兄貴ことレオはスマートにビビを誘い完璧とも言える、地元逗子&湘南デートを展開。ここのシーンは完璧すぎてサラッと流させてもらうwお互いに好感触を確かめあう〇〇みたいなプレイでした。

f:id:honknow:20200414194827j:plain

一方、煮え切らないイケメンしおん。美術館デートを急遽変更ビビに着物を着せてあげたいというプランに変える。アトラクション的なデートって個人的には良いと思うが仲が深まって相手に気を使わなくなったあたりに持ってこないと、「相手を知る」「自分を知ってもらう」という恋愛初期の会話が大切な時期にはあんまり有効ではないともう。その点先程スルーしたがレオ&ビビは車中でも海でもゆっくりと会話できる時間があったはずだ。恋愛において「会話する時間」という心理学的にも使われる「単純接触効果」は地味に今後に効いてくると思う。もちろん、シェアハウスなので会話する時間はあると思うが二人っきりででかけた車内での会話って恋愛においては個人的には大きなウエイトを占めると思っている。

f:id:honknow:20200414194833j:plain

この図は日本文化を体験しに来た外国の方ショートステイのインバウンド観光客である。違うのだ、ビビはもう日本語もネイティブレベルに操れる半分日本人みたいな感覚も持っている女子なのだ。もちろん、こういったアトラクション系のデートは嫌いじゃないが主眼が「お茶会」になってしまって「しおん」にフューチャーされないのである。失敗とは言わないがビビを楽しませようとするアクションとしては正しいがしおん自身が自分を気に入ってもらおうとするのであれば、従来の美術館デートのほうが良かったと思う。

f:id:honknow:20200414194851j:plain

こないだの誕生日プレゼントのお礼にと、しおんもギフトを用意していた。

f:id:honknow:20200414194856j:plain

綺麗な字の手紙、彼の繊細さが伝わってくる字体と文章である。英語力はルカのはるか上方に位置することは言うまでもない。

f:id:honknow:20200414194902j:plain

絵本のプレゼント。しおんらしくてとても可愛い。ビビが草食系男子好きなら絶対に刺さった一品。しかし、彼女の嗜好はおそらく凌くんレオよりの男らしい日本男子であるので今の所しおんにプラスのファクターは見当たらない。人と人との相性てやはり簡単なようでそうではないのかもしれない。

 

嫉妬と恐怖のゲーム大会

f:id:honknow:20200414194906j:plain

社長が「夢のために」ゲーム機をもってくる、わかりやすいぐらい夢ファーストな男である。

f:id:honknow:20200414194912j:plain

楽しむ社長はなぜか高木ブーさんバリの赤鬼。似合っている、これから隣の白人女性が食べられてしまうかのようだ。

f:id:honknow:20200414194918j:plain

合コンの連絡先のせめぎ合いみたいな状態が奥の席で行われていた。「今度飲み行こうよ」良いだろ?みたいに見える、画像ほどレオに下心はないと思われるがw

f:id:honknow:20200414194921j:plain

ここで、タイトルのルイージはゼッタに許さない発言が飛び出す。画面のルイージも夢を口説く湘南のルイージも許さないと思っているのである高木ブーさんはw

f:id:honknow:20200414194926j:plain

そんな赤鬼さんのわかりやすい嫉妬をよそに楽しそうな合コン組。夢って多分ですけど

深く考えてない系女子

なんでしょう、きっと。押せば落ちる、うんなんとなく分かってきた。

社長は早く「付き合う」と約束するか「ベットイン」するかどちらか勝負を早く決めたいでしょうねw 楽しくなってきた。

 

こんな感じで休止前の最後のテラスハウスいかがだったでしょうか?

f:id:honknow:20200415152635p:plain

まさか、新型コロナウイルスの影響が番組制作の現場に及ぼうとは夢にも思わなかった。すべての経済活動ができないのだと改めて思い知らされた。このまま終了とならないよう今後も感染者が入居者から出ないよう願うばかりである。

 

 

(お詫び)本日11時に未完成の記事が一時アップロードされてしまいました。読んでくださった方、スターをつけてくださった方にはこの場を借りてお詫び申し上げます。大変失礼いたしました。