本能ブログ(honknowblog.com)

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

【家カフェ】製作時間8時間!ブルーボトルコーヒーのコールドブリューキットを試した結果は。。。

みなさんこんにちは、今日もコーヒー飲んでますか?涼しい季節になってきましたがそれでもアイスコーヒーが大好きなトモGPです。前回コーヒーに最も合うミルクとしてマイナーフィギュアズのオーツミルクを紹介させていただきましたが、ここでさらに美味しくアイスカフェラテを味わうためのポイントとしてはやはり”コーヒー選び”ですよね。というわけで今回以前から気になっていたブルーボトルコーヒーのコールドブリューキットを購入してみました!

 

コールドブリューコーヒーってなに?

f:id:honknow:20201010233844j:plain

そもそもアイスコーヒーとコールドブリューコーヒーとの違いとは一体なんなのでしょうか?答えは簡単それはズバリ”作り方”の違いにあります。アイスコーヒーの作り方は出来上がったホットコーヒーを単純に氷で冷やすだけですので、氷で冷やすまでは基本的に普通のホットコーヒーと作り方は同じになります。温かいコーヒーを氷で冷やすのでどうしても薄くなりがちで、特に後半は水っぽくてシャバシャバになってしまうイメージが強いですよね。

f:id:honknow:20201010233919j:plain

一方コールドブリューコーヒーの作り方は、挽いた豆を直接水に浸しゆっくりと長時間かけて抽出・濾過するアメリカのコーヒー専門店で生まれた方法で、アイスコーヒーの作り方とは根本的に異なります。コーヒーが抽出されるまで約12時間〜24時間冷蔵庫に入れておかなければならないので、すぐに飲みたい派の人にとってはここはなかなか苦しいポイントかなと思いますが、コーヒーの苦味や雑味を抑えコーヒー豆本来のうま味と香りを引き出す作り方で、コールドブリューコーヒーは現在ではどのコーヒーショップでも定番メニューとして飲むことができます。

 

なぜブルーボトルコーヒーを選んだのか

前回のブログでも記したようにすっかりマイナーフィギュアズのオーツミルクにハマってしまいアイスカフェラテの美味しさを再発見してしまったわけですが、更に美味しいカフェラテを目指すために僕が今回選んだのがこちらのコーヒーセットです。

f:id:honknow:20201010234214p:plain

ブルーボトルコーヒー コールドブリューキット

(豆:スリー・アフリカズ)

以前から気になっていた商品だったというのと、何よりブルーボトルコーヒーがマイナーフィギュアズのオーツミルクを正式に導入していることが一番の理由です。コーヒーとの相性が抜群なのは当たり前として、マイナーフィギュアズの企業理念やそのサステナブルな製造方法に対してブルーボトルコーヒーが共感することで実際にこのミルクの導入に至ったとのことです。こういったバックボーンがあるとより一層気分が高まってしまうのは果たして僕だけでしょうか?w

 

f:id:honknow:20201010234842j:plain

オフィシャルサイトで注文してから約5日で商品は到着しました。まずはダンボールに印刷されているロゴでテンションが上がります。

 

f:id:honknow:20201010234935j:plain

中身はこんな感じでHARIO社とコラボレーションしたコールドブリューボトルとコーヒー豆のセットです。

 

f:id:honknow:20201010235020j:plain

f:id:honknow:20201010235052j:plain

イメージよりも大きくしっかりとした作りで、容量も750mlとコーヒー約5杯分(アイスカフェラテなら7~8杯分)とたっぷりです。何よりブルーボトルのイメージカラーであるブルーのキャップとボトルに刻印されているさりげないロゴがとてもかわいいです。

 

f:id:honknow:20201010235142j:plain

キャップの材質はまさかのシリコン製でした。

 

f:id:honknow:20201010235209j:plain

f:id:honknow:20201010235229j:plain

パーツ自体の量も少なくお手入れも楽ちんですね。美味しく作るためのマニュアルまでしっかり入っています。

 

f:id:honknow:20201010235314j:plain

豆はもちろんブルーボトルコーヒーで提供されているコールドブリューにも使用されている「スリー・アフリカズ」です。特徴としてはベリーのような甘みと爽やかなシトラス、チョコレートのような風味が複雑に重なり合ったすっきりた後味のコーヒーブレンドと記されていますが、果たして僕の舌がそこまで感じ取る事が出来るかどうかはとりあえず置いといて、早速豆を挽いていきましょう。

 

f:id:honknow:20201010235506j:plain

f:id:honknow:20201010235533j:plain

f:id:honknow:20201010235602j:plain

豆を挽くのに最近あまり出番の無かったコーヒーミルを引っ張り出してみたら、なんとボトル同様にHARIO社製でした。これは何やら運命を感じます。そして久しぶりにコーヒー豆を手で挽きましたが、1杯分ならばまだしもさすがに55gを一気に手で挽くのはメチャクチャ疲れました。これは今後に向けて電動ミル導入の検討が必要かもしれませんw。

 

f:id:honknow:20201010235640j:plain

挽き終わった豆をストレーナーに移し

 

f:id:honknow:20201010235819j:plain

ボトルの一番上のラインまで水を入れストレーナーとキャップをセットし軽く左右に振り馴染ませたら準備完了!あとは冷蔵庫に入れて8時間待ちます。

 

f:id:honknow:20201010235843j:plain

f:id:honknow:20201011000358j:plain

ストレーナーを外して完成したのがこちらです。

メチャクチャ綺麗な色!しっかりとコーヒーが抽出されていますね。冷蔵庫の中で一晩かけて抽出されてキンキンに冷えたコールドブリューコーヒー、肝心のお味は、、

 

f:id:honknow:20201010235932j:plain

お店で飲むようなコールドブリュー独特のまろやかさがしっかりでていて、雑味もほとんどありません。そして当然口当たりも非常にすっきりしています。うん、紛れもなくコールドブリューコーヒーです。見づらいですがコーヒーオイルもしっかりと出ています。そしてこのブルーボトルオリジナルブレンドのコーヒー「スリー・アフリカズ」ですが、説明通りにベリーの甘みとチョコレートの風味をしっかり感じ取れます!とても味わい深くて美味しいのですが、個人的にはもう少し酸味が抑えられている方が好みですね。

 

f:id:honknow:20201011000027j:plain

それにしても久しぶりに豆から挽いたコーヒーは本当に美味しい!オーツミルクで作ったアイスカフェラテも最高です。しばらく遠ざかっていたコーヒー沼にまたハマってしまいそうです。これから寒い季節がやってきますが温かい部屋で飲む冷たいコーヒーもまた格別なものです。みなさんもぜひお好みの”お家カフェ”を楽しんでください。

それではまた!