本能ブログ(honknowblog.com)

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

【名作Supremeアーカイブ】"Supreme×LOUISVUITTON"伝説のコラボを購入品と共に振り返る(後編)

f:id:honknow:20201011100712j:plain

前編ではデザイナーキムジョーンズにフューチャーしてお届けしたSupreme×VUITTONコラボ。

www.honknowblog.com

すでに3年が経過し人々の記憶から少しづつ薄れつつあるかと思おいますが伝説的なコラボを今一度振り返る今回の企画早速いってみたいと思います。

プレ値で総額100万円オーバー(当時)の4点

f:id:honknow:20201006082528j:plain

ダヌーブ、コインケース付財布、カードケースの3点を当時様々なルートからプレ値で購入。個人的に入手困難商品は”発売時”に買うようにしてます。なぜなら

時間が経過すると市場にコピー商品が溢れ真贋を見極めるのが難しくなるから

それに、発売時に一斉にヤフオクやらメルカリに登場すると”相場”が定まっていないこともあり意外と安く購入できたりもします。ダヌーブはコレクションで見たときから狙っており発売時じ購入した金額は50万円前後だったように記憶しています。

f:id:honknow:20201006082532j:plain

こちらが最初手元に届いた時のインパクトは忘れられず、思わず一人で

カッコいいなーこれ

とつぶやいたのを覚えています。VUITTONのエピの柄にSupremeのペイントが鮮やかに映えて本当にコラボしたんだなと手にとって実感したのを覚えています。

f:id:honknow:20201006082537j:plain

エピの素材が選択されていたのも恐らく赤の発色にキムジョーンズがこだわったからかなと思ったりもしました。Supremeレッドが鮮やかに再現され素晴らしいなと思いました。背面も美しいフォントデザインとバランスです。

f:id:honknow:20201006082543j:plain

ジップにはきちんとLVのロゴ。このへんはVUITTONのダヌーブと同じかと思いますがシルバーをあわせたあたりもストリート感が意識されていていいと思いました。

f:id:honknow:20201006082552j:plain

好きすぎて大事すぎて実使用回数は10回以下ですがwSupreme史上これほどまで自分にインパクトを与えたプロダクトは無いので今見ても思うことが多いコラボですね。

f:id:honknow:20201006082548j:plain

内側のタブも2017としっかり書いてあります。もう3年になるんですね。とにかくバックや小物の耐久性やクオリティはVUITTONは非常に高いと思っていて長年仮に使い続けたとしても部分的な修復やリペアにも応じてくれるブランドそれがLOUIS VUITTONなのです。次にご紹介する財布も3年ほど使って最近撮影しましたが大きな劣化やトラブルが無いのです。

f:id:honknow:20201006082557j:plain

表面の小さなキズやペイント部の小さなダメージはありますが、毎日毎日使っているのにも関わらずこのクオリティを保てるのは製品自体が高品質だからに他なりません。

f:id:honknow:20201006082602j:plain

あまりポケットに入れて使うような使い方をしていないからかもしれませんが背面もきれいな状態を保っています。ロゴの魅せ方も上手いですね本当に。

f:id:honknow:20201006082607j:plain

横にSupreme、縦にLVのまさにコラボとも言える角度の撮影。本当にカッコいいなーと財布を触るたびに思います。3年間毎日触ってますが本当にお気に入りです。

f:id:honknow:20201006082611j:plain

中の刻印もしっかりと入ったままです。当時はまだ小さな財布ブームが到来していなかったのですがその後ハイブランド各社が小さな財布を次々とリリースしてこちらの財布を買うときも長財布と迷ったのですが

小さな方がストリート感が出る!Supremeらしい!

と感じてこのモデルにしました。美容院、ハイブランド、セレクトショップにいってお会計しようとすると当時は必ず声をかけられる不思議な財布でした。皆さん一様に

初めて使ってる人見ましたw

本当に発売されてたんですねw

HIKAKINぐらいしか持ってないんじゃないんですかw

などなどイジられることも多かったですがファッション感度の高い人達からすると、珍しがられたのを覚えています。

f:id:honknow:20201006082616j:plain

レザー系アイテムの最後はカードケースです。こちらはあまり厚いモデルではないので名刺5枚クレジットカード2枚ぐらいが限界ですwですがこちらもSupremeとLVが大きく描かれていてお気に入りのコラボがひと目で分かるアイテムで毎日使用しています。ここにSuicaやオフィスの入室用のIDを入れて毎日タッチしていますがご覧の通りハゲやスレもありません。

f:id:honknow:20201006082621j:plain

ステッチのほつれもなく品質が値段以上に高いなと感じるLOUIS VUITTONのプロダクトは本当に素晴らしいと思います。以上3点がレザー系小物でラストはこちら

f:id:honknow:20201011100715j:plain

スエットです。少し大きく着たいなと思ってXLを購入しましたがSupremeのXLと比べるとタイト目でVUITTONのXlって感じですかね。あまり、コラボ感が出て無くてさり気なさが好きで購入しました。アパレルに関してももったいなくて着ないということはなくご覧の通りジムに行くときや普段使いもしています。生地はSupremeに比べれば裏起毛が無いので薄手でインナーとしても活躍してくれています。

f:id:honknow:20201011100706j:plain

普段はLVのチェーンを財布に付けて毎日使っています。本当にお気に入りでこんな風に事あるごとに今でも写真撮ってしまいますw

f:id:honknow:20201006082631j:plain

コラボとはその組み合わせによって爆発的な人気になったり、意外と人気にならなかったりその効果については諸刃の剣とも言えるアクションだと思っています。Supremeは積極的にいろんな企業とコラボを展開しておりハイブランドと本格的に組んだのもVUITTONが最初だったように思います。2017年シーズンはVUITTON以外にも素晴らしいしテムがたくさんローンチされており個人的にも一番Supremeに投資したシーズンだったと思います。もっと言えばSupreme自体の人気も2017年頃が一旦のピークだったような気もします。ストリートブランドが育てばハイブランドと組んでコラボも発表できる!そんな先駆者であるSupremeに今後も驚くようなコラボを期待します。