本能ブログ(honknowblog.com)

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

【街カフェ】珈琲と癒やしのくつろぎ空間「高倉町珈琲」を訪れてみた

f:id:honknow:20201017234902j:plain

こんにちは、”家カフェ”だけではなく”街カフェ”ももちろん大好きなトモGPです。”街カフェ”といえば、大きく分類するとスターバックスコーヒーやドトールコーヒーといった国内外の大手フランチャイズ系のコーヒーショップと個人経営のコーヒーショップ、もう一つはコメダ珈琲の様な少し街外れの住宅道路沿いに店舗を構えるタイプのコーヒーショップの3つに分けることが出来ると思います。最近たまに目にする”高倉町珈琲”といういわゆる”コメダ珈琲タイプ”のコーヒーショップ、コーヒー好きとしては以前からかなり気になっていたので今回初めて訪れてみました。

 

高倉町珈琲

f:id:honknow:20201017234704j:plain

高倉町珈琲 八王子店(公式HPより)

まずこの店名といい外観といい、さらには店舗の立地場所など何やら天下のコメダ珈琲とクリソツだなぁ、、、というのが正直最初の印象です。

HPを覗いてみると、なになに「”お客様においしいコーヒーを飲んでゆっくり過ごしていただく店”として、コーヒーを輸入・焙煎・販売をしている専門家とやりとりをしている。豆は最高の状態で店に届けてもらい良い機械を使ってコーヒーを入れている。私達が豆を選ぶ基準は”おいしいかどうか”だけです。」って、、、、、

そんなん当たり前やないかい!!と心の中で突っ込みを入れつつもいざ入店です。

f:id:honknow:20201017235140j:plain

店内写真(公式HPより)
どうしてもコメダ珈琲と比べてしまいがちですがw,店内の雰囲気はコメダのウッディな雰囲気とは異なり、どちらかといえばファミレスのロイヤルホストを連想させるゆったりとした雰囲気です。調べてみると、どうやら高倉町珈琲はあの日本初のファミレス”すかいらーく”を創業させた方が創業されたコーヒーショップで、”高倉町珈琲”という名前の由来も”すかいらーく”の1号店がオープンしたのが八王子だからという理由からきているらしいです(高倉町は八王子にあります)。なるほど、そういう理由ならば店内のファミレスっぽい雰囲気にも納得がいきます。

 

f:id:honknow:20201017235439j:plain

キッチンカウンターの奥には本格的なコーヒーマシンがずらりと並んでいます。

店内を見回してみると、ん??

 

f:id:honknow:20201017235529j:plain

f:id:honknow:20201017235552j:plain

お店のいたるところにビートルズグッズが飾られています。

 

f:id:honknow:20201017235621j:plain

f:id:honknow:20201017235709j:plain

凄い!お店の内装はビートルズ一色です!どうやら本来は店内BGMもビートルズらしいのですが、少しずつコンセプトを変えつつあるのか僕が訪れた時は環境音楽的なBGMが流れていました。

 

f:id:honknow:20201017235741j:plain

ゆったりとしたソファに腰掛けるとテーブルの上にちゃんとマスクケースが置かれてありました。こういった細かい心遣いは本当に嬉しくなりますよね。

 

f:id:honknow:20201017235812j:plain

f:id:honknow:20201017235834j:plain

メニューを見てみると、1ページ目からこの店のイチオシがパンケーキなことがわかります。普段の僕でしたらまず間違い無くパンケーキ+コーヒーという黄金のコンビネーションを注文するのですが、この日は朝からほとんど何も食べていなく猛烈に腹ペコでしたので、

f:id:honknow:20201017235930p:plain

f:id:honknow:20201018000011p:plain

この2品と最もスタンダードな”高町ブレンドコーヒー”を注文することにしました。

 

そして実際に到着した料理がこちらです!

f:id:honknow:20201018000105j:plain

f:id:honknow:20201018000247j:plain

おおっ!まず何が驚いたかというと、実際に運ばれてきた料理がメニューの写真よりも全然美味しそうに見えたことです。しかもアッツアツでめちゃくちゃ良い匂いがします。これは良い予感しかしません。さぁ実際に食べてみましょう!

 ナンサラダピザ

f:id:honknow:20201018000334j:plain
まずはナンサラダピザからいただきます!うん、ナンはふわふわチーズもアツアツとろとろで、まるでインド料理屋のチーズナンを食べているかのようです!意外とボリュームもあるので全部食べきれるかな?と少し不安になりましたが、多めに振りかけられたペッパーが最高のアクセントとなり食が進む進むw。野菜もたくさん採れてとてもヘルシーです。このナンサラダピザは、メニューのなかでも決して一軍にいるわけではなく正直僕もそこまで期待はしていなかったのですが(失礼しました!)、細かいところまでしっかりと作り込まれたクオリティに本当に驚いていまいました。これはオムライスにも期待大です!

スフレオムライス 

f:id:honknow:20201018000447j:plain

そして出ましたメインのスフレオムライス、おお、なんですかこれは?見た目のインパクトが半端無いです、まるで何か特大サイズのパイ包み焼きの様。きっと初見でこれがオムライスだとは誰も見抜くことは出来ないでしょう。では一体中はどうなってるのかと見てみましょう!

f:id:honknow:20201018000519j:plain

メレンゲ状のフワフワ卵が崩れないように慎重にスプーンを入れていくと、ありました!キレイなチキンライス発見です!まずメレンゲ状の卵があまりにフワフワ過ぎて卵に触れてるんだか触れてないんだかわからないw。中のチキンライスはあまり具材が入っているわけでもなくシンプルで王道。ただしチキンライスがシンプルなおかげで独特なスフレ卵の存在感が際立ち、結果2つの相性が抜群となり”オムライス”というよりも”卵かけチキンライス”といった感じの料理になっているところが非常に面白いです。味はやさしくて非常に食べやすいので、こちらもナンサラダピザ同様にあっという間にペロリとたいらげてしまいました。こちらも非常に美味しい料理でしたが、ガッツリとしたオムライスを期待してしまうと少し肩透かしを食らってしまうかもしれません。

今のところまだ2品しか食べていないわけですが、この2品に共通しているところ、それは”とにかく味がやさしい”です。何度も引き合いに出して申し訳ありませんが、コメダ珈琲ってカップ一つとってみてもそうですが、料理の味とか量にパンチがあるじゃないですか。少し特徴的でとにかく主張してくる感じ、しかし高倉町珈琲はお店の名前こそ似ているもののそういったコメダ的なブランディングの対極を目指しているのかなぁと少し感じました。

 高倉町ブレンドコーヒー

f:id:honknow:20201018000556j:plain

肝心のコーヒーの味は、酸味を抑えた深煎りな感じで奥深く非常に飲みやすいです。香りも強く後味もすっきりでとても僕好みの美味しいコーヒーでした。

先程も記したように今回注文したコーヒーを除く2品の料理は全体的に非常に落ち着いたやさしい味付けでしたので、お店自体のコンセプトである”珈琲と癒やしのくつろぎ空間”という部分と非常にマッチしている様に感じました。ただまだ肝心のパンケーキを頂いていませんし、なによりあの伝説のファミレス”すかいらーく”の創業者が手掛けているお店ですから、他にも驚くようなメニューがあるのかもしれないので、次回訪れた時はこちらでまた報告できればと思います。

それではまた!