【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

ラメロ・ボールがNBA入団。シーズン無敗で全米No1になったチノヒルズ高校の奇跡を振り返る

f:id:honknow:20201223223309p:plain

実は中学時代バスケ部でしたホッピーです。
上手くはなかったですが、バスケは好きなスポーツなのでたまにニュースをフォローする程度に興味を持っています。と言っても、八村塁や渡邊雄太のNBA入り、和製ステファン・カリーこと富永啓生選手の将来を楽しみにしたり、ちょっとバスケに興味がある人ならよく知っている事を追いかけるぐらいなので、深く知識があるわけではないのですが、しばらくウォッチしていなかったらラメロ・ボールが今年のドラフトでシャーロット・ホーネッツに全体3位で指名されたというニュースを見て、チノヒルズ高校の奇跡を思い出してしまったので、この漫画のようなストーリーをぜひ知ってもらいたいなとご紹介です。

 

チノヒルズ高校の奇跡とは

f:id:honknow:20201223223721j:plain

勝手に奇跡と名付けてしまったのですが、これまで特に全国的に注目されたこともないちょっと地方で強い程度の公立高校だったチノヒルズ高校が、超有名強豪私立高校を相手に35勝無敗で2015-16シーズンに全米No1になったという話です。
なんでこんなことが起きたのかというと、わかりやすく言えば、ボール3兄弟がいたから。以上。となるのですが、簡単に3兄弟を紹介すると、

長男
ロンゾ・ボール 18歳 チームの柱。PGとしてチームを引っ張り中から外から得点を決めていきます。卒業後はUCLAに進み、1年でNBAにアーリーエントリー。全体2位で指名を受けレイカーズ入り。2019年にトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍。

次男
リアンジェロ・ボール 17歳 NBA入りはしていないのですが、当時はチームのトップスコアラーでバシバシ点数を決めていきます。現在はNBAの下部リーグであるゲータレードリーグでプレー。高校卒業後UCLAに進みますが、遠征先で事件を起こし、逮捕されるなどやんちゃな面もあるようです。

三男
ラメロ・ボール 14歳 兄弟で一緒にプレーするため、飛び級で高校バスケの世界へ。センスの塊。動画をみてもらえばわかるんですが、これで14歳かよと。成長期もこれからという小柄な体で年上の高校生と互角以上にわたりあっています。超バスケが上手い兄弟2人と小さい頃から一緒にやっていればこそ。このシーズンに1試合92点というわけのわからないスコアも記録しています。

さらに2020年ドラフト6位でアトランタ・ホークスに指名されたオニエカ・オコングも同じチームという奇跡のメンバーが揃ってた1年だったのです。

そしてチノヒルズ試合は展開が早く見ていて楽しいんです。敵陣からプレッシャーをかけ、敵からボールを奪うとすぐ速攻。外から中からどんどんシュートを打ちます。この素早いトランジションで強豪校相手に得点を重ね、点差を広げていく様はほんとうに漫画のようでした。

ラメロ・ボール

そんな3兄弟のなかで一番好きだったのが3男のラメロ・ボール。まだ14歳の幼い顔で体格も細いのに3Pをスパスパ決め、時には中に切り込み、どうしても応援したくなってしまいます。リトアニアリーグだったり、オーストラリアだったり、クセのある父親のおかげで紆余曲折ありましたが、ついにNBAまでたどり着きました。なんと2001年生まれのまだ19歳!今シーズンのNBAがまた楽しみだったりします。


【NBA】2020最注目ルーキー ラメロ・ボールの知られざる事実 (徹底解説)

 

私が言いたかった事がこちらのAce-NBAさんのチャンネルで10分程度にまとめているので、興味を持った方はぜひ見ていただきたいです。ほんとうに面白い動画です。

この動画で14歳のラメロ・ボールを見ると、あんなヒョロヒョロで小さかった子が、こんなに大きく立派になって~と親戚のおじさん気分が味わえます。そして、彼を応援したくなること間違いなしです。


高校バスケを無双した伝説の三兄弟。「ボール兄弟」の壮絶な高校キャリアについて。[HD]【NBA】チノヒルズ高校、ロンゾボール、ラメロボール、リアンジェロボール、オニエカオコング、ペリカンズ、ホーネッツ

 

そして、2021シーズンに見事NBA新人王に輝くのでした。

www.honknowblog.com