【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

ラクしてうまくいく生き方 自分を最優先にしながらちゃんと結果を出す100のコツ 書評

f:id:honknow:20210722175017p:plain

勝手に切り抜きされるだけで生活したい。ホッピーです。

今回はひろゆきの新刊『ラクしてうまくいく生き方 自分を最優先にしながらちゃんと結果を出す100のコツ』のレビューです。

もはや説明不要ですが、ひろゆきは2ch創設者、ニコニコ動画元取締役など日本のインターネット業界を牽引してきた一人です。相変わらずYoutubeでお酒を飲みながら質問に答えるだけでえげつない再生数を稼ぎ出し、働くより切り抜き職人の方が儲かってしまっている状況を作り出してしまっています。本書を読むことでそんなひろゆきの生き様や考えを垣間見ることができます。

本書を読むのに向いている人

本書は五章まで分かれており、悩みの種類ごとに内容が異なります。
ですから一通り目を通すのもいいですし、自分の該当する部分だけ読む方法でも問題ありません。

悩みの区分けは以下の通りです。

  • 自分自身がどうしたいのかよく分からない
  • お金がたまらない
  • 人間関係で不満がある
  • 働き方に疑問を持っている
  • ストレスフルな生活をしている

第一章では自分が損をしないためにどうすればいいのか、ひろゆき視点で訴えています。

この章を読むことで、致命傷を負わずに少しずつ成果が上がっていく方法が分かります。

第二章ではひろゆきなりのお金に対するスタンスが分かります。

お金は無限に湧き出る物ではないので、贅沢はほどほどに貯金をしようというように、地味ながらも一般人の心にとても響く方法を教えてくれます。

第三章では人間関係に関するひろゆきなりの対処法が書かれています。

基本的に好かれるようにいつもニコニコして性善説で生きていこうと説いています。
ポジティブに生きていた方が、良い結果が出るからです。

第四章は働き方に対するひろゆきなりのスタンスが分かります。

彼のスタンスは極力仕事が嫌にならないよう工夫していることです。
例えば全てに希望を持つのではなく、一定のところで見切りをつける、頑張っても報われないことは頑張らないなどストレスフルになって心の病に陥らないための方法を説いています。

最後の第五章では心の持ちようについて語っています。

例えば自分の中で優先順位をつければ、不要な疲れはなくなりやりたいことに集中できます。

『ラクしてうまくいく生き方』の感想

ひろゆきの言動はすべて「極力働きたくない」の一点から生まれます。

だから自然としなくていいことはしないし、楽できることはとことん楽をして、それで他人にどう思われようと気にかけない点はまさにノレンに腕押し状態です。

これからの時代に必要なのはまさにこの「ノレンに腕押し」状態でして、ストレスに対抗するよりも順応する必要があります。
ストレスと戦うよりも避けて通った方が傷つくことは少なくなります。

本書の良いところは、真面目な一般人に少しでも楽になってもらおうとひろゆきなりに持論を説いている点です。

高額なセミナーに投資しろとか努力は当たり前だとか、そういった上から目線で読者をこき下ろす内容ではなく、一般人に対して寄り添う書き方をしています。

例えば第一章の「よく寝ましょう」でひろゆきは睡眠の重要性を説いています。

遅刻しないことを考えるより睡眠を十分にとることの方が、結果的にパフォーマンスもよくなり自分の実力を平均的に発揮できるので、成果が継続して出やすいというものです。

どんなに成績優秀者でも睡眠不足だと本来の力を発揮できないことが多いです。安定して成果を出せる方が人生は楽になれるということです。

まとめ

普段からひろゆきのYouTubeチェンネルをチェックしている人には本書は復習として利用するといいでしょう。

逆に本書でひろゆきを初めて知った人からすれば、彼の人となりが分かってよかったのではないかと思います。

『ラクしてうまくいく生き方 自分を最優先にしながらちゃんと結果を出す100のコツ』読むことで、無理をせず自分が目指す方向へたどり着ける方法を見つけることができます。

この機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか。