【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

【新型コロナウイルス】今がピーク!?感染拡大が続く日本の現状を”現場目線”での貴重な意見とは【Abema Prime】

f:id:honknow:20210817105436p:plain

結構真剣なテーマも扱う個人的には好きなAbemaTVの本気のニュース番組Abema Prime。当ブログのホッピーも大好きなひろゆきが各界の第一人者を激論を交わすスタイルが人気で毎回テーマは違うのですが今回のテーマは「コロナ最前線からの訴え」。デルタ株が猛威を振るう昨今感染者数の増加は過去最悪ペースで進んでいます。今日から緊急事態宣言の対象地域、まん延防止等重点措置の対象地位もかなりの都道府県に発令され2020年の4月の規模のような日本的ロックダウン状態に入ります。

f:id:honknow:20210817152643p:plain

つまりそれだけ現在のデルタ株を中心とする感染拡大が顕著であり、政府や自治体が危機感を募らせているのもうなずけます。今回You Tubeに転載されていたAbemaPRIMEの一部を皆さんにご紹介し、現場のドクターは今どういった事を考えているのか医療従事者の目線で解説していけたらと思っています。

政府のワクチンCMにも登場した忽那先生を中心とした6人のドクター

f:id:honknow:20210817114403p:plain

デルタ株が猛威をふるいワクチン未接種の40代、50代の感染が止まらないと言われております。特に50代以下の重症者が今回の第5波では多く見られているとデータが出ているようです。

沖縄のケースと緊急事態宣言の効果

f:id:honknow:20210817115103p:plain

しかし、40代、50代にはワクチンが行き渡っていない現状(非医療従事者)があるのでワクチン接種済みの方が重症化しているケースはほとんどないとのこと。忽那先生曰く

ワクチンを摂取した40代、50代の感染者にまだ一人も重症化した方は居ない

との現場の声がありました。ワクチン接種は感染しないという主目的以外にも重症化させないという”命を救う目的”にも大いに効果的なのではと個人的には今回の話を聞いて思いました。

f:id:honknow:20210817115724p:plain

一方感染爆発とも言える状況の沖縄県ですが、5月から緊急事態宣言が出っぱなしの状態で新規陽性者が直近だと500人以上これは都内に換算すると5000人~6000人規模の感染になってることを意味します。なぜ沖縄県の感染者数が減ってこないのかと言う問いには、

緊急事態宣言を出しておけば人々の意識が変わるターンは終わった

からであると沖縄県立中部病院の感染症内科の高山先生は述べておられます。つまり緊急事態宣言の効果は出した瞬間は効果があったりインパクトはあるももずっと出続けていると、慣れてしまったり緩んでしまったりするのは当たり前のことだとおっしゃっています。これは沖縄に限ったことではなく都内や大阪など”緊急事態宣言慣れ”してしまっているエリアに共通するテーマだとは思います。

デルタ株の特徴

f:id:honknow:20210817120950p:plain

合併症がなくても重症化しているまたはしやすくなっている印象があるとのこと。当然若い方でも重症化につながってきているケースは多く、そうすると人工心肺装置や酸素濃縮器の数が足りなくなり十分なケアが出来なくなりつつあると

f:id:honknow:20210817121405p:plain

デルタ株の感染力も従来の新型コロナウイルスの2倍以上になることもあり、本来ウイルスは感染力が上がれば毒性も低下するはずですが、変異後のほうが毒性も強くなり感染力も高くなっているというやっかいなウイルスです。昨日までは普通に生活できていたのに(自宅待機中)24時間後には人工心肺装置をつけて生死をさまよう的なスピードで悪化することも多いのが今回のデルタ株の特徴だそうです。

f:id:honknow:20210817152728p:plain

医療現場の逼迫というフレーズだけが独り歩きして実際にどのような感じになっているかというと、新型コロナウイルスの患者だけでなくコロナ以外の通常の診療や手術や救急搬送を受け付けてもらえない状態になっていると言うことです。自分の医療現場に居る身として感じるのが、救急搬送の時間特に受け入れ病院の選定にかなり時間を要していると思います。搬送先が決まっても搬送前にPCR検査して陰性を証明してから運ぶであるとか、疑い患者(PCR等の検査をしていないがコロナの疑いのある症状を持つ患者)であれば搬送そのものを断れてしまうケースがあると思っています。昨年からその傾向はありましたが今回のデルタ株まん延という自体になって自分も強く医療現場の余裕の無さを感じています。

高齢者施設の現場は?

f:id:honknow:20210817153236p:plain

 往診を中心に在宅医療を提供している佐々木先生のお話ですと、医療を提供する側も提供される高齢者側も全員ワクチン接種が完了しており

安全なバブルの内側にいる印象で安心して居られます

と、意外な回答をしていました。と同時にワクチン接種が進んだ高齢者施設では1件もクラスターになっていないという実態があり、ワクチン接種の有効性がここまであるのかと嬉しくなりました。高齢者に限らず、日本においてももう少しワクチン接種が進めば経済活動や観光へのアプローチももっとスムーズに移行できるだろうなと感じました。

動画は一時間ありますがどのお話も現場の実際を伝えてくださっており現状の新型コロナウイルスを把握する上で重要だと思います。諸外国に比べるとワクチン接種が思うように進んでいない我が国ですが、個人的には副反応を恐れず積極的にワクチン接種をと願います。特に若い方には行動範囲も広く活発に行動されるので積極的に受けていただけたらと思います。