【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

本能ブログ的ベストバイ2021はこれだ!”iPad mini 6 セルラーモデル”開封の儀&ファーストインプレッション【iPadミニ6】

f:id:honknow:20211025162843j:plain

衝撃の9月の新製品カンファレンスから早いもので一ヶ月半が経過しました。

9/17日日注文し10/18日に到着した私の新型iPad mini 6 Cellular(256G)がようやく到着しましたので開封の儀とファーストインプレッションをお届けしようと思っております。

現在も1ヶ月以上の納期が必要

f:id:honknow:20211025181316p:plain

2021年10月26日現在iPad mini 6 256G Cellularの納期は11/25と約一ヶ月の納期が必要な状態になっています。こちらは自分のモデルがCellularで新色のパープルを選択したからかなと思い条件を変えて再度納期を調べてみました。

f:id:honknow:20211026091100p:plain

こちらは、iPad mini 6 64G Wi-Fiですが納期は同じ11/25~12/02になっております。クリスマスギフトとしてiPad miniを考えている方はお早めの決断が良さそうです。

丁度いいサイズと予想以上に軽量な新型iPad mini

f:id:honknow:20211025162803j:plain

箱の時点でかなり軽量でコンパクトだなーと感じました。重量でいうと同時使用しているGalaxy Fold Z 3と同じぐらいだと感じかばんに入っていても何ら不快にならない重さだと感じました。

f:id:honknow:20211025162807j:plain

256GBにしたのは、Lightroomで軽めの現像を行う場合を考え多めにしておきました。ですがゲームをしない自分的には64GBでも良かったかなーなんて思ったりもしてました。

f:id:honknow:20211025162811j:plain

miniですが、自分が欲しい機能が全て詰まったiOS機だと思っています。指紋認証、5G 十分すぎるスペックのA15チップなどなど初代iPad Pro使いとしてはここまで携帯性が違うのかと。

f:id:honknow:20211025162817j:plain

最近のアップル製品の液晶画面を守るのは紙の保護シートですね。

f:id:honknow:20211025162822j:plain

元祖ミニマムパッケージの雄であるアップルらしく洗練された箱の中w一瞬の出来事なのですが端末を初めて手に取ると言う体験を大切にしているようにも思います。

f:id:honknow:20211025162827j:plain

iPhone13に充電器は付属されませんでしたがこちらにはしっかりとUSBーCのケーブルと充電器が。なくても手持ちのものがありますが、あると嬉しくなるのはなんででしょうかw

f:id:honknow:20211025162832j:plain

購入後も間違えましたが、ライトニングケーブル(端子)じゃなくなりました。GalaxyやAndroid端末、ニンテンドーSwitchがUSBーCですからかなり嬉しい変更点です。後はiPhoneさえUSBーCになってくれたらと願わずにはいられませんw

f:id:honknow:20211025162837j:plain

御開帳。やはり先代のminiに比べるとホームボタンがなくなりベゼルが細くなり、スタイリッシュになった感じがして”かなり格好いい”と思います。

f:id:honknow:20211025162843j:plain

新色パープルも、先日購入したiPhone13Proのシエラブルーに近い色味で非常に上品で気に入っています。

f:id:honknow:20211025162852j:plain

マニュアル関係がほとんどペーパーレス化する中で基本的な説明が紙で残っているのは嬉しいですね!今回の自分のモデルはセルラーなので取り出し用のピンも付属しています。今回改めて手にした感想は、

2021年iOS搭載デバイスの中での最高のパッケージング

だと思いました。詳しくはiPhone13ProやGalaxy Foldとの比較でも今後お話しますが、指紋認証、画面サイズ、5G対応、Apple Pencil対応などなど完璧とも言えるアップデートで今年心から買ってよかったと思えるデバイスでした。冒頭にも書きましたが、難点は納期が長いことに他なりません。毎日持ち歩きたくなるデバイスですし、映像コンテンツを消費するマシンとして手元に置いておきたいと思っています。