【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

新説!?”Ado”は令和の”椎名林檎”だと思う3つの理由【J-pop】【音楽】

f:id:honknow:20211118095047p:plain

フジロックの自己陶酔型レビューが死ぬほど嫌いです!さじゃんです。大ヒット曲”うっせぇわ”によって国民的に認知された覆面ミュージシャンAdo。うっせえわ当時なんと17.18歳だったことにも当時驚きましたが2021年11月18日現在まだなんと19歳。顔も出さす歌声と表現力だけでここまで一気にスターダムにのしあがったのは素直に素晴らしいと思っていました。

個人的にはうっせぇわよりも、他の楽曲のほうが非常に刺さるものが多く(中年だからですかねw)聞いているうちに懐かしい既視感に襲われることに。かなり癖のある歌い方と圧倒的歌唱力、そして忘れられない声質、なにより

ややダークな世界観

があのアーティストのデビュー当時と重なるのです。

f:id:honknow:20211118100110p:plain

若い人は東京事変の方が馴染みの方も多いかとも思いますが、今年はオリンピックの演出まで行うようになった椎名林檎その人なのです。彼女の大ファンで大学受験椎名林檎のコピーバンドも結成していたほどで初期の楽曲はすべて演奏できるほど好きでした。東京事変結成ぐらいからあまり触れなくなりましたが今でも彼女の才能は唯一無二だと思っていますし、彼女の再来かもしれないと思うAdoとの共通項は一体何なのか3つ答えを見つけ出したので独断と偏見にまみれてますがお届けします。

其の1:歌詞の世界観が酷似

その圧倒的な存在感だけではなく10代でこんな歌詞が書けるのかと驚愕するばかりのAdoの文才。自分が一番凄いと感じた歌詞は「ギラギラ」という楽曲の中に。

ーUgly 正直言って私の顔は
そう神様が左手で描いたみたい
必然 この世にあるラブソングはどれひとつ
絶対 私向けなんかじゃないでしょうー

自分の容姿が醜悪なのは自己責任ではなく、神様がミスったからだと。今流行の親ガチャを形容しているような感じもしますがいい意味での暗さが出ていて素晴らしい表現だと思いました。

ー使い道のないくちづけ  憐みを恣にスパンコールの瘡蓋で身みを 守るー

常用漢字ですかこれ?と思うような難しい漢字の羅列、これこそがThe椎名林檎テイストだと思ったりもしますがAdoは彼女に影響を少なからず受けた可能性もあるかと思っています。恣(ほしいまま)、瘡蓋(かさぶた)ふりがなないと読めませんよね。そして一番好きな個人的なパンチラインはここです。

もしも 神様が左利きならどんなに 幸せ知れない

神様が本当に創造主ならと、キレイになりたいと願う女性の心を抑えた表現で歌詞にしているのは本当に素晴らしいと思います。非常に文学的な表現だと思います。

一方本家の椎名林檎の歌詞の世界観ですが、当ブログの名前の由来になった本能という楽曲。こちらの歌詞を見ていきましょう。

ー淋しいのはお互い様で
正しく舐め合う傷は誰も何も 咎められない
紐ひも解いて生命に 擬うー

お分かり頂けたでしょうか。漢字の読みのテストをされている気分になりますねw咎める(とがめる)、擬う(なぞらう)日本人でも正確に読める方は多くないかもしれません。こうした日本語の難解さや難しさを歌詞に取り入れることによって、鬱屈とした世界観を表現しようとする手法が似ているのかもと思いました。

ー終わりにはどうせ独りだし
此の際虚の真実を押し通して絶たえてゆくのが良い
鋭い其の目線が 好きー

”このさいからのしんじつを”と書かないと正確に読めなそうですが、難解さのなかに寂しさや孤独を表現する形や自分の中だけにある”闇”みたいな暗部にフォーカスする感じは非常に似ている表現者なのかもと思いました。そして両者とも日本語に対する造詣の深さがすごいアーティストなのだと思います。

其の2:ジャズシンガーのような歌唱表現

両者とも圧倒的な歌唱力と表現力とお話しましたが、がなる感じであったり巻き舌であったり本当に似ていると言うかルーツが同じかも思ってしまった楽曲がこちらのレディメイドという曲。リズムもジャズ的ですし歌い方もAメロBメロサビで大きく変化させているのも素晴らしいですし、ベースにある歌力が素晴らしいからだと思っています。

The椎名林檎とも言える歌唱表現で有名な歌舞伎町の女王。歌い方巻き舌などレディメイドに相関関係があるような感じも随所に聴き比べると感じられ、Adoの親世代の人間がもしかしたら小さかった彼女に聞かせていた可能性もあるのかなと邪推してしまいます。もちろん彼女本人も東京事変や椎名林檎がもしかしたら好きなのかもしれませんが。

其の3:ジャンルを絞らせない幅広い音楽性

夜のピエロというAdoの楽曲は歌い方のかなり抑えていて、歌い方も別人とは言いませんがかなりマイルドな感じ。ジャンルもジャズやロックではなく王道の2020年代J-popといった感じ。これはこれで格好良いように思います。

夜のピエロ風といいったら椎名林檎に怒られそうですが、幸福論は割と椎名林檎の歌い方としては可愛い感じに思いますし、巻き舌やがなりはかなり控えられた印象です。彼女たちの素晴らしさは

音楽表現の幅広さ

にあると思っていて、〇〇ぽいっと新曲を聞いて的を絞らせるアーティストではない所が個人的は好感が持てる部分でありAdoを若いときの椎名林檎に重ねてしまう所以なのかもしれないと思っています。実は「うっせぇわ」だけじゃなAdoの魅力を少しでもお伝えできたら嬉しいですし、椎名林檎の才能も改めてすごいと感じる比較となりました。

[2021年11月19日午後6時35分 追記]

Adoが歌う椎名林檎の”丸の内サディスティック”という動画を発見!歌い方や雰囲気がまさに林檎そのものw必見ですwww