本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

「シン・ウルトラマン」は今年見た映画の中で一番かもしれない3つの理由(ネタバレなし)【庵野秀明】【樋口真嗣】

昭和のヒーロー特撮モノが大好きさじゃんです。今日は5/13日に封切られた庵野秀明総指揮、樋口真嗣監督の「シン・ウルトラマン」見てきたのでネタバレ無しの全開レビューをお届けしたいと思います。これから見る予定の方も安心して読んで頂けるレビューに仕上げました。

1.令和の特撮技術が大いに詰まった迫力と映像美

自分の庵野秀明との歩みですが、正直シン・エヴァンゲリオンを見るまでほとんど庵野作品に触れたことがなくシン・エヴァをみて少し好きになった程度です。シン・ゴジラの際は世の中の波に乗れずシン・エヴァ時にアマゾンプライムでみたというニワカ庵野秀明フリークの視点ということを最初にお断りしておきます。まず小さい頃しかウルトラマン見ておらずウルトラマンティガを含め新世代のウルトラマンは分かりませんwですが、観覧にあたり昭和のウルトラマンしか知らないほうが感動するような作りになっておりとにかく庵野秀明のウルトラマン愛が随所に感じられるそんなファン的目線の映画だなというのが一番の感想でしたw

現代のVFX技術CG技術と特撮が本気を出すとこんなにも”カッコいい”ウルトラマンになるのかと作中ずっとワクワクしながら見ていました。つまり、現代に続く元祖円谷プロのウルトラマンシリーズはあくまで「子供向け」に作られたヒーロー特撮モノであり今回のシンウルトラマンは一線を画すと言うこと大きくお伝えしたいと。同じウルトラマンというヒーローを題材にしているものの切り口が違うとここまで違うヒーローを像に見えるんだと、映画とは作りての意図で本当に大きく見え方が違うエンタメなのだと実感したいい例でした。自分はシン・ゴジラをリアルタイムで見なかったのでシン・ゴジラとの関連性を強く感じられませんでしたが、ウルトラマン自体を知らない人でも楽しめる要素が散りばめており女子ウケはしないかもしれませんが笑日本の男の子はみんな好きなんじゃないかと勝手に推察しながら見てました。

2.実力派俳優が勢揃いでストーリーに入り込める作品

キャストありきのアイドル映画と違いウルトラ警備隊(今回で言う禍威獣特設対策室専従班)のキャストは斎藤工(ウルトラマン役)、西島秀俊、長澤まさみと実力派俳優でこうした演技力の高い役者さんが揃うと個人的にはストーリーやシナリオに入り込みやすくなると考えており非常に素晴らしいキャスティングだと思いました。

しかし、子供が見るには難しい専門用語や(大人が聞いても難しい)政治と現場の折衝などシン・ゴジラ的要素も多分に含まれておりウルトラマンの起原的な話になると庵野秀明監督の悪い癖なのかエヴァンゲリオン的に難解な解釈を求められるラストシーンも相まって映画のレビューとしてはかなり高い今回のシンウルトラマンですが物議を醸しそうな気もして斎藤工が言うように「言語化出来ないけどもう一回みたい」と何故か心に残るめっちゃいい映画だと思います。

3.シン・ゴジラ、エヴァンゲリオンファンなら二度美味しい

地球外生命体と日本政府のバタバタはシン・ゴジラを彷彿とさせますし、ウルトラマン対怪獣のシーンのカメラワーク&カット割りはまさにエヴァンゲリオンそのものw蹴り合うシーンんなんて使徒とエヴァンゲリオンの戦闘をまんまオマージュしているようにも感じましたw

しかし掛け値なく”カッコいいと思わせるウルトラマン像”がそこにはあり、樋口真嗣監督、庵野秀明氏のウルトラマン愛がいたる所に溢れていて心から

ウルトラマンめっちゃカッコいいやんかー!

と何故か映画館で叫びたい衝動に陥るぐらい感激させる描写が多くて、昭和世代の自分にとってはずっとワクワクする2時間となりました。先程も触れましたがエヴァンゲリオンと同様あまり設定や起原的な話を深く考えようとすると一度見ただけでは難解に感じる部分も多く(個人的にはもう何回かすでにみたいですけど)、まずはあまり設定やストーリーを追わず

令和の新しい大人向けのウルトラマンなのだ

と割り切って初手は見て頂くことをオススメします。ヒーロー特撮モノって本来そうであるべきで悪を退治するカッコいいヒーローが居たらそれで良いんですwシン・ゴジラやエヴァンゲリオンファンであればそれぞれの作品のオマージュであったりエヴァンゲリオンっぽい演出であったりと”これぞスタジオカラー”と言ったエッセンスが随所に見られ庵野秀明ファン、樋口真嗣ファン、カラー作品のファンであればもっと美味しく楽しめる作品になっているかと思います。封切り直後で評価も上々なことから都内の映画館では混雑しているところも多いようです。チケットは予約してから行くのが正解かもしれません。好きな映画なので個人的にはもう1、2度見に行く予定ですw