本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

HSPの自分が本気で購入!ノイズキャンセリングが優秀なヘッドホンを探せ2022年度冬版【ソニー】【Bose】

前回HSPであることをカミングアウトしたさじゃんでございます。詳しくは以下から、

そこで、診断してくださったカウンセラーの方から

「さじゃんさんは仕事するとき音で邪魔されると精神的なストレスが大きくなるのでノイズキャンセリングイヤホンではなくノイズキャンセリングヘッドホンぐらい遮音できるものを常備し働かれることをオススメします」

とアドバイスを頂いたので本気でリサーチして3っつほど候補を絞りましたのでご報告いたします。条件は、

1.ノイズキャンセリング性能に優れたヘッドホン

2.音楽もそれなりに聞きたい

3.予算は5万円以内

4.メトロでしていてもカッコイイ外観

という個人的に優先順位をつけずこんな感じで探し始めました。

候補1 SONY  WH-1000XM5

ソニーと言えばBOSEと並ぶアクティブノイズキャンセリング(ANC)の御三家のひとつ。特にこのWH-1000XMシリーズは先代のXM4の評価も高くこれ以上進化出来ないであろう的な声もありながら今年2022年XM5という最新版として登場。

デザインも一新されいい意味で無機質な感じがめっちゃカッコイイですね。分かってるなーソニーと言った感じ。日本でアップルに対応できるデザイン力を持っている企業ってソニーぐらいしかないと思います。各種レビューサイトを見ると非の打ち所がないANC性能と万人受けする音質。購入候補筆頭ですね。アマゾンで41000円~とやや高い印象も受けますが第2世代AirPodsProが39000円なことを鑑みると妥当な気がします。

候補2 Bose Noise Cancelling Headphones 700

次にご紹介するのがノイズキャンセリング御三家の一角BOSE。QUIETCOMFORTシリーズも有名ですがソニーのXM5のライバル機種としてよく取り上げられるのがこちら。アマゾンでの実勢価格も42500円~と先程のソニーと価格的にも拮抗すると言って良い対抗馬ですね。ノイズキャンセリング性能に関してはホワイトノイズがソニーよりも少ないとかノイズキャンセリングレベル調整が可能とか色々言われていますが個人的にはBOSE特有の低音メインの音作りが好きがどうかに選択の基準があるかと思います。

デザインもQCシリーズから一新されめちゃくちゃカッコよくなってます。ヘッドホンよりもイヤホンのほうが日本では使われれている印象ですが海外(特に欧米)に行くとヘッドホンのほうが地下鉄等でよく見かける気がするのは理由があるのでしょうか。

候補3 SENNHEISER 「MOMENTUM 4 Wireless」

イヤホン&ヘッドホン好きには馴染みのあるブランドゼンハイザー。イヤホン愛好者も多いのではないでしょうか。各種レビューサイトを見るとこちらのノイズキャンセリングの特徴は非常に自然に音を消してくれるということ。実機で試したわけではないのですが非常に気になるゼンハイザー。価格も49000円~という事で予算ギリギリですしBOSEやソニーと比べると少し価格帯が高いのも気になるポイントです。

デザインもいい意味で大ぶりでいかにも”プロ仕様”って感じも個人的には良いかなと思っています。

他にもJBLや当ブログでいつもご紹介するAnkerなどなどこの価格帯のヘッドホンは本当に激戦区でノイズキャンセリング一つとっても各社特色が違うようです。結論は次回にお伝えしますが今回はこの3機種を取り上げてみなさまにプレゼンさせていただきました。本格的にヘッドホンを選ぶのは初めてなので楽しみのほうが大きいガジェッターさじゃんが東京からお届けしました。