本能ブログ【大人の物欲全開ブログ】

■物欲全開メディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

メルセデスベンツAクラス納車後1か月で感じたメリットデメリットをお届けします【ヤナセ】【A200d】

週の半分以上はクルマ通勤、トモGPです。前回の記事で私トモGPがメルセデス・ベンツAクラスを納車するにあたり、なぜメルセデス・ベンツを選んだのか?そしてメルセデスの中古車選びのポイントなどについて書かせていただきました。

そこで今回は納車後約1ヶ月ということで実際に通勤やプライベートで乗ってみた感想、気に入った点やイマイチな点などお届けしていきたいと思います。

なぜディーゼルエンジンモデルを購入したのか

メルセデス・ベンツA200d (ディーゼルエンジンモデル)

付属オプション

・ナビゲーションパッケージ

・レーダーセーフティパッケージ

・AMGライン

・アドバンスドパッケージ

今回自分が購入したクルマになります。前回の記事ではあまり詳しくは触れなませんでした"自分がディーゼル車を選んだ理由"についてここで少し説明したいと思います。

まず第1の理由としてディーゼル車特有のガラガラ音が全くといって良いほど感じられなかったことです。ガソリン車とディーゼル車のちょうど中間の様なエンジン音といったところでしょうか?車外に出てエンジン音を聞いてみて初めてその違いがわかる感じです。車内においては少なくとも自分にとってはほとんど気になることはありませんでした。あとはやはりガソリン車と比較した場合の燃費の良さとリセールバリューの高さというのも大きな理由でした。

あえてデメリットを探すのであればガソリン車と比較した場合、100km/h以上の速度領域からの加速性能に関してはガソリン車の方が伸びがあるのかなと。しかしそもそも街乗りを目的として購入する自分にとってはあまり関係のないことでしたので、多少価格は上がりますが今回はディーゼル車を購入することにしたのでした。

クルマとしての基本性能の高さ

自分はドライバー歴約20年、そこまで多くはないですがこれまで国内外を問わず多くのクルマを運転してきた自分がこの1ヶ月間ベンツAクラスを運転してみてまず感じたこと、それは"想像以上にキビキビ走る"ということです。とは言え「メルセデス・ベンツ」という高級ブランドですので乗り味に関しては多少構えていた部分もありましたが、特に大きなクセもなくクルマの基本性能である走る・止まる・曲がるといった挙動が非常にしっかりしている印象を受けました。

自分が普段乗っているクルマ(ドイツ車他社メーカー)と比較すると、アクセルやステアリングの軽さなど初めは気になる点もありましたが、逆に街乗りではこういった操作感の方がストレスレスで快適なことに気づくなど新しい発見も。アクセルを踏み込んだ時の加速感などはほぼイメージ通りで、走行モードを”Sports”モードにすることでよりアグレッシブな走りも楽しむことができます。操縦しやすいのはもちろん”クルマを運転することの楽しさ”も十分味わうことができてしまうのです。

守られているという安心感

前後レーダーセーフティやブラインドスポットモニターは当たり前として世界トップクラスとも言われている最新鋭の安全装備の数々は、もはや事故を起こそうとしても起こせないレベル。複数のカメラとセンサーにより車体周囲を常にモニターすることで感じる”守られている”と言う安心感は長い間少し古いクルマに乗っている自分にとっては非常に新鮮な感覚と言えます。”メルセデス・ベンツ”は高級車ではありますが、特にAクラスにおいては実は初心者にとって非常に優しいクルマなのです。

好きなところ、嫌いなところ

好きなところ

・ディーゼル車とは思えない静けさ

・ステアリングは軽めで軽快な取り回し

・エントリーグレードとは思えない豪華な内装

・ヘッドアップディスプレイ

正直数え出したらキリがありませんが、特に気に入っているのが最後に挙げたヘッドアップディスプレイです。

フロントガラスの下部、つまり運転中のドライバーの視野内に速度やタコメーターなどの情報を表示させる機能です。表示させる内容はある程度カスタマイズが可能、最初は”オマケ”くらいに考えていた機能ですが使い始めるともうこれ無しではありえないと思えるほどに。速度やエンジンの回転数などをメーターパネルに視線を落とすことなく確認できることがこんなに快適だとは思ってもみませんでした。パッケージオプションに含まれる機能ですが360°カメラ同様に初心者の方にこそおすすめしたいオプション機能です。

嫌いなところ

もともと街乗り用の1台を探していた自分にとって嫌いなところはほとんど無いのですが、しいて言えばステアリングの前面についているタッチセンサーの感度が良すぎることでしょうか。

ミスタッチによりマルチファンクションディスプレイのセンターパネルがクルクル切り替わってしまうのが若干ストレスだったりしますが、今のところ不満点はほとんど無いと言っても過言ではないでしょう。

メルセデスAクラスおすすめポイントまとめ

・街乗り最強の取り回しやすさ

・最新鋭の安全性を装備

・圧倒的なコスパの良さ(ディーゼルモデルなら尚更)

・家族4人ならファミリーカーとしてのポテンシャルも

運転初心者には優しくベテランドライバーにとっても優れた操作性、さらにはファミリーカーとしてポテンシャルも十分持ち合わせたとにかく使い勝手の良すぎるクルマ、それがメルセデス・ベンツAクラスの特徴です。新車ももちろん良いのですが、走行距離が20000km弱の中古車でしたらヤナセ認定中古車のサイトでも300万円代の個体がゴロゴロしてますので、自分の様にそちらを狙うのも非常におすすめです。”初めてのベンツ”としても今最もおすすめの一台ですのでクルマの購入を考えられている人は是非一度チェックしてみてください!