本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

福島と言えば”クリームボックス” 味わって欲しい理由を熱く説明します!

ご当地グルメを楽しむのは出張の醍醐味、トモGPです。実は何かと出張の多い私トモGPですが、出張の際の楽しみといえばやはりご当地グルメ。そんなご当地グルメの中には、その存在は知りつつもそのレア度からなかなか手に入らなかったりするものもあります。今回はそんなご当地グルメの1つ、福島県は郡山市のご当地グルメ”クリームボックス”を紹介したいと思います。

郡山市のソウルフード”クリームボックス”

”クリームボックス”とは一体なんなのか?

厚切りで手のひらサイズのパンに、白いミルク風味のクリームをたっぷり塗った郡山市発祥のご当地グルメ。市内のいたるパン屋さんで100円〜150円程度で販売されており、高校の売店でもおなじみ。パン屋さんによって、味や形に違いがある。(※郡山観光協会HPより)

いまでこそ多くのパン屋で販売されているクリームボックスですがその始まりは1976年、郡山駅前にあったベーカリーロミオがその発祥とされています。ベーカリーロミオで誕生したクリームボックスはその後県内に広まり、町のパン屋だけではなく学校の売店などでも販売されるようになったとのことです。期間限定で全国のコンビニでも販売されたこともあるので、県外でも目にしたことがある人はいるのではないでしょうか?ちなみに発祥の地であるベーカリーロミオは、現在イトーヨーカドー郡山店に移転し元祖クリームボックスを販売し続けています。

フワッフワでクリーミーな優しい味わい

そんなベーカリーロミオのクリームボックスがこちら、しかも愛らしいイメージキャラのクリームボッくんが描かれた箱入りのタイプです。

蓋を開けるとこんな感じでパッケージされています。

蓋の裏にはクリームボックスの歴史も記されていてなんとも凝った作りになっています。

袋から取り出すとこんな感じ、ちゃんと型崩れ防止のフィルムが貼られているのが嬉しいポイント。シールまで貼られているところにこだわりが観られます。

食パンの上に練乳入りのミルククリームが乗ったシンプルな作り、だがそれがいいんです。余計な味付けはいらない、特に生クリームや練乳が大好物な自分にとっては夢のようなスイーツです。

断面はこんな感じ。厚みは3cmくらいなのですがご覧ください、真ん中の食パンが凹むほどのクリームの量!これがたまらない!

これほどクリームがたっぷり乗っかっていても味は全くしつこくなくとてもマイルド。それでいてミルクの濃厚なコクや練乳の甘みを存分に楽しむことができます。

しかも見た目は普通の食パンの様ですが実はそんなに大きくなく約15cm四方のコンパクトなサイズ。子供からお年寄りまで家族みんなで美味しく食べることができる正におやつにぴったりなご当地スイーツなのです!

見つけたら即買い必須!ロミオの”クリームボックス”

そんな人気のロミオの”クリームボックス”は、もちろんパン屋まで行かなくとも郡山駅や福島県内の”三万石”というお菓子屋で購入することができるのですが、これがなかなか手に入らない!しかもこちらのかわいい箱入りのタイプの販売は郡山駅のおみやげ舘とエスパルいわき店のみ。

そのパッケージのかわいさや美味しさから最近では郡山のお土産人気No.1とも言われていることもあり、とにかく早くに売り切れます。平日でも午前中にはほぼ間違いなく売り切れるので、出張帰りに買おうかな?なんていう作戦は間違いなく通用しません。加えて先ほども記した様に箱入りを販売している店舗が限りなく少ないものですから余計にそのレア度は増してしまいます。しかも賞味期限は"その日の内"なので誰かにお土産としてもらうこともなかなか難しい。今回は幸運にもにも郡山駅でゲットすることができましたが、確実に狙うのであれば例え出張中だろうが午前中のうちに抜け出しお店をチェックすることをおすすめします。

15年以上前になりますが自分が出張で郡山を頻繁に訪れていた頃は、この”クリームボックス”という菓子パンはまだ郡山市のご当地グルメとしてそこまで強くプッシュされていなかったように記憶しています。郡山や福島のお土産といえば薄皮饅頭、ゆべし、ままどおる、が定番の3品です。しかしここに入手困難なクリームボックスが加わったことで郡山を訪れる新たな楽しみが増えました。機会があれば他のパン屋のクリームボックスも試してみたいと思います。

そしてなんとロミオの”クリームボックス”は東京駅構内グランスタ(のもの東京店)でも週2回販売されているとのことですので、どうしても気になる方はこちらを狙ってみるのも良いかもしれません。とにかくご当地グルメやスイーツ好きにおすすめしたい郡山の”クリームボックス”、みなさんもチャンスがあれば是非1 度味わっていただきたいと思います。