本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

いよいよ配信開始!バチェロレッテ3エピソード4までの徹底レビュー!ファイナリスト予想も

とうとう配信開始になった今年のバチェラーシリーズ。今回は男女逆転版でバチェロレッテシーズン3となり、主役のバチェロレッテは東大卒・元官僚の才女、武井亜樹さんが務めることになりました。

www.youtube.com

初代の福田さん、前回の尾崎さんはどちらかというと起業系とか経営者系女子だったイメージがありますが今回の武井さんはバリバリのキャリア官僚といった感じ。参加した理由も

・経験したことのないことを挑戦したいから

・人生の良いタイミングとして

・チャンスがあるならやってみたい

と非常に活発でポジティブは印象を受ける武井亜紀さん。恋愛経験も多くはないと語る彼女はどんな感じの今年のバチェロレッテ3を見せてくれるのか楽しみな部分もあり、バチェラー研究ブログである当ブログで皆様に考察をお届けするために今回も真剣に初回のレビューをお届けしたいと思います。

今回もキャラ濃い目の男性参加者達

今回も例によってキャラの濃い参加者だなと思いつつも前回シリーズのバチェロレッテよりは、良い意味で”おとなしい方”が多い印象。個人的には史上最高のバチェラーだと思った黄皓(ハオハオ)さんほどのインパクトがある男性参加者はエピソード4までを見る限りは居ないように感じます。2024年7月2日現在エピソード4までを消化した時点でのバチェラーウォッチャーの自分がファイナリストに残るであろう3人を大胆にも予想してみます。

ファイナリスト予想

◎大本命:梅谷悠太郎(うめたに・ゆうたろう)

武井亜樹さんが一番現状気に入っているであろう梅谷くん。スポーツマンかつ熱血漢で真っ直ぐな性格が理系畑&官僚畑で育ってきたバチェロレッテに思いっきり刺さっている印象。同性の自分から見ても、

部活に絶対に一人はいるいい奴(人格者)

キャラで正義感もあって誰からも好かれそうな印象。しかし、初手の印象が良すぎて最後まで失速しないかが気になるものの(バチェロレッテシリーズは割と逆転劇多め)現状の大本命は梅谷くんで間違いないような気がします。バチェロレッテ3で導入されたホワイトローズも唯一獲得しているのが大きなバチェロレッテからのメッセージな気がします。

◯対抗:飯野和英(いいの・かずひで)

エピソード序盤はあまり存在感が無かった飯野さん。しかし、ツーショットデートで衝撃の

ルームメイトために外で寝てた(多数蚊に刺されても)

という衝撃の慈悲心を発揮し一気に本命候補に躍り出た印象。優しい方でとにかく相手に合わせて行動できる柔軟性がガツガツキャリアを刻みたい武井亜紀さんと合っているのでは?と個人的には思いました。似ているタイプで言うと櫛田さんになるような気もしますが人生のパートナーとして女性が幸せになれるのは飯野さんのような方かと思ったりもします。女性が愛されて幸せになれるのは飯野さん一択かと。

▲単穴:櫛田創(くしだ・そう)

本来なら2番手候補になっても良いと考える櫛田さんですが、あまりにもバチェロレッテの方が彼に期待しすぎている印象で

勝手に好かれて勝手にアラ探しされて敗退濃厚

なのでは!?と逆張りしたくなるほど武井亜樹さんと好相性だとは感じます。しかし、バチェラーシリーズ全般に言えることなのですが毎日が非日常の環境で異性を恋愛対象を選ぶという究極の日々を繰り返した時に理系同士で雰囲気やノリは似ていても櫛田さんが時折見せるKYな一面がまた再燃しそうで一旦エピソード4時点では3番手とさせて頂きました。

スタジオメンバーは前までのほうが。。

今回からはスタジオメンバーも今田耕司以外のメンツが総入れ替えされました。正直い見慣れていないからと言えばそれまでですが、

・指原莉乃の鋭い女性目線が聞けない

・藤森慎吾の個人的な推しが鋭かった

・吉村とメアリージュンのコメントが微妙

・好井まさおも特に・・

と言うネガティブが印象が個人的には強くスタジオメンバーは前回までの方が良かったですし、スタジオターンを飛ばそうかと思うぐらい笑えたり新たな視点がもらえるような感じではなくなり残念に感じています。バチェラーシリーズウォッチャーとしては。

エピソード4までに見えたバチェロレッテの人物像

主役であるバチェロレッテの武井亜樹さんですが、エピソード4までに分析すると

・駆け引きは出来ないタイプ

・恋愛には不器用かもしれない

・距離感を大切にする(黄皓タイプはNG)

・見た目の好みも結構重要なのかも

アメリカに留学したり東大を出て官僚になったりと力強く自分のキャリを歩んできたバチェロレッテ。しかし、人間関係構築においてはあまり器用では無さそうに見えて時間をかけて人間関係を構築したい感じにも見えて短期集中決戦のバチェロレッテシリーズでは少々不利な性格かもしれないと感じました。しかし、そんな不器用さも垣間見える武井亜紀さんだからこそ対抗に推した優しさスキル200%の飯野さんにような方に惹かれるのでは?と個人的には予想しています。

今回は3回に分かれての配信ですが過去回のバチェラーシリーズだと4回だったので予算の都合なのか参加者の都合なのか次回で一気に決勝手前まで行くのは少し寂しくも感じます。今回のバチェロレッテはどのような結末を迎えるのか、また次回の配信後にレビューを書いていこうと思っています。

エピソード3

エピソード3

  • 武井 亜樹
Amazon
エピソード4

エピソード4

  • 尾﨑 美紀
Amazon