本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

最高の男の友情物語!”バチェロレッテシーズン3”エピソード5レビュー【バチェラー】

エピソード5~7までが一気に配信され来週のファイナルローズを迎えることになった、2024年のバチェラーシリーズ最新作バチェロレッテシーズン3。前回はエピソード1~4までのレビューをしました。

www.honknowblog.com

記事を更新するたびにたくさんのアクセスを頂けるバチェロレッテのレビューですが、濃度が濃い中盤戦となっているので今日はエピソード5についてお話していこうと思っています。

エピソード5は決まらない2on1デートの参加者決めから

バチェロレッテである武井亜樹さんが決めたのか番組側が決めたのか分からない部分も多分にありますが今回の2on1デートは”男性参加者が立候補で決める”と言うルールに。行きたいと悩んでいるのは、

『牛の小川』こと獣医師の小川さん。ここまで優しい印象で押しが強い印象ではないのですが真っすぐで朴訥した感じが彼の魅力かと思っています。

『クールな経営者』こと北森さん。男性参加者からは”サトシ”と呼ばれポケモンの主人公と同じ名前ではありますがこちらのサトシはかなりクール。感情が表に見えにくいタイプで2on1デートに行きたい!と口では言っていますが視聴者的には感情が見えないタイプかと。

『キテレツ大内科』の坂口さん。高身長&イケメン&医者とスーパーハイスペックなのにどこかミステリアスな感じと掴みどころの無いマイペース感が個人的には本命候補に推せない感じも。ファーストインプレッションローズをもらった底力は信用したいがイマイチ実力未知数の部分も多いDr.坂口。

『熱いビートは口だけじゃない』山本さん。みんなからは”カズさん”と呼ばれ年長者らしく兄貴肌で振る舞う彼は体育会系の爽やかで人想いの真面目な方です。なかなか決まらない今回の2on1デートを仕切るオーガナイザーとしての部分も。

そんな話し合いの中今回ツーショットデートをしているのは、伝説の慈善家こと飯野さん。良いムードでアウトドアデートを楽しむもサプライズローズをもらえず帰還。個人的にはココでローズを先にもらえなかったことがバチェロレッテからの”本命候補ではありません”というサインだった気もして対抗馬に推していた自分としては気がかりな部分ではありました。

結果的に2on1デート当日まで参加者が決まらずツーショットデートに参加した飯野さんまで(昨晩まで一緒に居たやん!)行きたいという始末でグチャグチャな話し合いに。山本さんがしびれを切らせてサトシが行ったら良いと譲る話し合いに持ち込みます。

今回のデートのために事前にプレゼントするお菓子を準備したり、武井亜樹さんへ気持ちが強いからという理由だそうです。しかしココで当ブログ大本命の梅谷さんが牛の小川を推挙します。

同部屋だっということで前に出れない優しい小川さんにぜひ行ってほしいと。気持ちがあるのにバチェロレッテや周囲の参加者に思いが伝わらないのはもったいないと語って。皆が賛同する形になり飯野さんも小川さんにカクテルパーティーで助けてもらったことがあるとの感謝の意を伝え今回の参加者はサトシ&牛の小川の両名となりました。

感情的に器用とは言えない二人のバトルは冷戦にも似たクールな感じで、ガツガツと今まで行けなかったからバトロワ形式に進んだ二人なのだと改めて今回の2on1を見て感じました。

カズさんが言っていた通り、手作りのお菓子を振る舞い手紙まで読んで猛攻をするサトシ。”ひっさつわざ”が効いている印象です。武井亜樹さんはこうした直接的な誠意アタックに弱いような気がします。

一方の牛の小川も手ぶらではあるものの、ハッキリと”好き”と伝え奥手で優しい小川さんですが『出来ることは全部やった』という感じには見えました。

バチェロレッテの前に立つ二人。ここまでで勝負づけは済んでいるように思いましたが、ひっさつわざで押したサトシがローズを受け取ることに。一貫して今回の2on1にすべてを掛けていた北森さんが意思の強さを見せて残留。

バチェロレッテシリーズ最大の魅力は男性の友情

牛の小川を推挙した梅谷さんと抱擁。ココでは涙を見せなかった小川さんですがインタビューでは号泣していたのがとても印象的でした。個人的には自分が男性ということもありバチェロレッテシリーズの最大の魅力って結局男性参加者の友情物語にあるような気がしています。もちろん、映画の旋律を追うように”誰が選ばれるのか?”という主軸は一番大切ではありますがこの旅を通じて成長する参加者に共感できたりするからバチェロレッテシリーズって番組終了後も参加者同士が仲良くなったりするんだと感じています。

人知れず号泣する小川さんを見てこっちまでもらい泣きしましたし、イチファンの自分としても本当に立派だったと思っています。小川さん素敵でした。

今回はカクテルパーティー無しに最終的なローズセレモニーとなり、すでにローズをもらっている梅谷くん・サトシ・櫛田さんを除いたメンバーが争奪戦を繰り広げることになりました。

ここではカズさん事みんなのアニキ山本さんが脱落。しかし最後の挨拶では自信に満ちた表情で最高のメンバーだったと振り返っていました。サトシに2on1を譲ったり非常に漢気に満ちたカズさんも本当に素敵でした。

ここからは、梅谷さん・櫛田さん・サトシ・飯野さん・坂口さんの5人で戦っていくことに。やはり2on1デートの残酷さは感じながらも男の熱い友情物語が見れるターンで個人的にはバチェロレッテの醍醐味がとても詰まっていた回になったと思っています。次回はエピソード6のレビューをお届けします!

エピソード1~4までのレビューは以下より!

www.honknowblog.com

エピソード2

エピソード2

  • 武井 亜樹
Amazon
エピソード7

エピソード7

  • 福田 萌子
Amazon