本能ブログ【大人の物欲全開ブログ】

■物欲全開メディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

新型『SOXAI RING 1』発売決定に思う3つの懸念点とは【Oura RING】

スマートリングの日本メーカーであるSOXAIが従来のSOXAIリングをアップデートした『SOXAI RING 1』の発売を発表しました。

しかし、製品はもとよりサポート体制やカスタマーに対する姿勢が非常にずさんで過去にも複数回取り上げ7月期の本能ブログでのPVランキングではなんと1位、2位のアクセスとなっております。(月間PV30000オーバーのブログでの上位です)

 

過去2回において自腹購入したSOXAIリングの購入までの、杜撰さや購入後のサポート体制の酷さを詳細に書きました。ネガティブなを発信するのは極力避けている当ブログですが流石にひどすぎて何度もレポートをしました。

しかも6/16に現行のSOXAIリングを突如発売停止とし、サポート体制の充実を理由としていましたが舌の根も乾かぬうちにまさかの新型の発売発表。 ここから懸念される自体をもう一度3つに絞ってお届けします。

懸念:その1 サポート体制

今日現在(2023/07/21)SOXAIの会社のオフィシャルトップページは前回もお伝えしたようにサポートの返信が遅れると言う文言が消えていません。一応新型の発売は9月になっているので1ヶ月ほどのタイムマージンはあるものの、本当に1ヶ月で顧客対応やサポート体制が整うのでしょうか・・・購入後対応だけでなくサイジングキット発送も恐らく予定通りいくとは考えられません。あくまでSOXAI社はスタートアップ企業だと捉えるべきで、人柱覚悟での注文という前提条件が必要かと思います。

その2:恐らく見た目だけの小変更

モデルチェンジした感を出しては居ますが、よくよく読んでいくとスペックが大きく現行型から変わった印象は受けません。新色であるピンクゴールドが登場していますが基本仕様はスライドされている印象です。今回自分が当たってしまった初期不良もあるにはあるので、

RING 1になったからバージョンが上がった!感

という過度な期待は禁物のような気もします。

その3:初期ロッドは10%オフの罠

限定予約販売と銘打っておきながら、10月以降は通常価格で販売と早い話が自社HPでクラファンみたいな販売方法を取っているという形に。限定販売と言っておきながら、同じ商品を一般発売するというのは『限定品ではないものを限定商法で購入を煽っている』ようにすら感じて悪質に思います。

好評につき生産が追いつかないことが予想されるのに、サポート体制には力を入れない企業体質は顧客を養分と捉えているビッグモーター感すらあります。自分も起業していますし本業はお客様相手の仕事をしていますので、企業が顧客に対してどのように向き合っているかはこのようなリリースを見るだけでも洞察出来たりします。ここまでの流れを見ると、

初期ロッドを5000ほどオーダーしたから捌き切らないといけない

という焦燥感も感じます。このような体制ですと、いつサービス終了のお知らせとなるのかも個人的には不安に思います。

まとめ

・スタートアップ企業のスタート段階と捉えるべき

・サポート体制はかなり怪しい

・新型といえど中身は先代とほぼ一緒

・SOXAIリングを含めたスマートリングは成長途上マーケット

・発送も表示されたものよりも遅れる可能性も

サポート体制の充実を口実に先代モデルを発売中止にし舌の根も乾かぬうちの新型発表は、従来から愛用している顧客や利用中でサポートを待っている方々への冒涜とも取れる企業姿勢でありえないと思っています。本当に長く愛される製品にするためには、スタート段階で買ってくれた方へのサポートが先のようにも思いますし、新型を発売したいから従来品を発売中止にしたと言われても仕方ないようなリリースだったと思います。10%オフだからとか、32000円前後だからとか飛びつかずにOuraリングがサブスクリプションでサービスを継続している理由、商品が50000円前後である理由があるはずですし、企業を維持するサービスを維持するというのは簡単ではないのだなと改めてビジネス的視点も感じています。リング型デバイスをお探しの方はOuraリングが一択だと2023年7月22日現在は個人的には感じています。