本能ブログ(honknowblog.com)

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

泥沼化!アメリカ大統領選挙の行方。最悪12月まで決まらない!?

f:id:honknow:20201105114544p:plain

投資家、トレーダー集団でもある本能ブログ。日本時間昨日から始まった投開票、世紀の大混戦で下馬評のバイデン氏優勢報道から一点よもやよもやの展開に。2020年11月5日現在いまだペンシルベニアを含む大票田で結果が出ておらずマーケットも混乱気味に。前代未聞の大統領選挙、今後どうなってしまうのでしょうか?

トランプ氏は一部選挙区の無効を訴える手段へ

f:id:honknow:20201105115419p:plain

アメリカ大統領選挙は日本の選挙制度とは違い直接投票制に近い形が取られていますが、3億人オーバーの人口がある国家ですので(選挙権を有した人は2億人以上)州ごとに集計され人口に応じた「選挙人」が多いほうが大統領になるという少々難解なシステム。以前ご紹介した映画グリーンブックにも描かれていましたが、

www.honknowblog.com

黒人差別の文化が根強く残る俗に言う南部エリアの票が共和党(トランプ氏側)に入りやすかったり西側のカリフォルニアは民主党の地盤だったりと

広い国土、多民族国家、州ごとに変わるカルチャー

がアメリカそのものであり当然選挙にも大きな影響を与えます。現大統領トランプ氏の4年間は波乱に満ちて居たと言え、ロシア疑惑、北朝鮮問題、新型コロナウイルス、側近の交代劇と告発ラッシュ、弾劾裁判などなど

Make America Great Again

を掲げ株価の上昇、失業率の改善など功績も多いトランプ氏ですがネガティブなイメーがつきまといメディアにも不評で再三再四バイデン氏有利と報じられ自身のコロナ感染も重なりまさに背水の陣でした。しかし、PCR検査の陰性を待たず選挙戦に華麗に復帰、一晩で5箇所以上も演説に回るパワフルぶりで鮮やかに直線一気で大まくりで大接戦を展開してます。他国や世界を顧みない自国優先主義のトランプ政権はあと4年の信託を得られるのか未だ微妙な情勢です。一部選挙区での僅差の結果に不正があったとして連邦最高裁判所に訴えをお越し、敗北宣言どころか最後まで徹底抗戦する構えを見せています。

www.bloomberg.co.jp

この訴えがどこまで通用するか分かりませんが、連邦最高裁判所の判事が共和党よりの免許証で構成されている点も今後の混乱を感じさせます。過去の例を見てもここまでこじれたアメリカ大統領選挙は無いはずでマーケットにも大きな影響を与えますし、世界中が推移を見守っています。

バイデン氏は期日前投票(郵便投票)で大きくリード

f:id:honknow:20201105115424p:plain

一方の民主党バイデン氏、77歳という超高齢ながらもコロナウイルスに配慮した紳士的な選挙活動を展開。トランプ氏のように直接的なイベントでの集票を狙うのではなくオンラインやビデオ講演等をメインに時代に合わせた選挙戦に持ち込んでいます。神風が吹いたかのような、選挙戦中盤でのトランプ氏コロナウイルス感染。この時期と郵便投票が重なりバイデン氏は大きくリードを取ることが出来たと言われております。昨日の投開票日の演説も派手な勝利宣言などではなく「勝利に近づいている」とトーンは抑えめ。終始強気のトランプ氏と狙って対象的にブランディングしているようにも思えます。バイデン氏が良い、バイデン氏支持と考える国民が多い印象よりも

アンチトランプの票田が多く

集まっているとも言われている今回。バイデン氏はこのまま先行逃げ切りできるのか見ものです。しかし、個人の感想です77歳と言う年齢と4年後は81歳の大統領になるわけですから激務が予想されるポジションにおいて健康不安や痴呆症の噂もあったりして、コンディション面の不安が残る大統領になるかもと考えています。

2000年には最高裁判所にもつれこんで結果が決まったケースも

www3.nhk.or.jp

2000年の大統領選挙はビル・クリントン氏の後継を決めるもので民主党のゴア副大統領と、政権奪還を狙う共和党のブッシュ氏の大接戦となり今回のように最終盤までもつれ込みました。票の数え直しを求めたゴア氏でしたが、結果は数え直しはしないという結果でブッシュ氏が大統領になったという歴史もあります。二大政党制が常に拮抗し、少しの時局や政局で一気に流れが変わるアメリカ政治。今回ももつれにもつれそうですが、果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか。2020年11月5日にも集計作業自体は終わるとされていますので、両陣営の出方に注目です。みなさんはどちらに次の大統領になってほしいですか?