本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

打算のない真実の愛に到達!バチェラー5ファイナルを最終考察!【長谷川惠一】

ずっとウオッチを続けてきたバチェラー5ファイナル。アマゾンプライムビデオにて昨日配信が開始されファイナリストが決定いたしました!!前回予想させていただいた大内悠里さんがファイナルローズを受け取ることとなり、今回は自分の考えと長谷川惠一バチェラーの考えが一致したと嬉しく思っております。

普段旅やカメラ、ガジェット、格闘技や車など割りと男っぽいコンテンツをメインに記事を書いてきましたがバチェラーシリーズの反響は毎回すごく今回もかなりのPVを頂き感謝しております。ありがとうございます。

過去一打算のない真実の愛に到達したかも

最終的に結ばれたのは大内悠里さんとなりました。前回、前々回の予想記事でも個人的には実は本命候補なのでは?と予想しておりました。

そもそもバチェラーシリーズって”ハイスペック”な男性を女性参加者が取り合うようなコンセプトがベースにあります。リベラルの国アメリカ発症の番組ではあるものの、どこか拝金主義的であり男尊女卑的なシリーズだったように思います。(逆のバチェロレッテではそうした感は薄まりますが)バチェラー1,2,3の久保さんや小柳津林太郎さん友永真也さんは分かりやすいハイスペ男子で資産状況や車など”お金”をメインとしたバチェラーブランディングがなされてきました。しかし、今回の長谷川惠一は”金満バチェラー感”というブランディングではなくバチェロレッテで夢破れた等身大のいい意味で普通の男性の延長線上にあるかのようなバチェラー像を描き続けてきたように思います。そんな長谷川惠一さんの心を射止めたのは、大内悠里さんだった訳ですが

考察すると、

自分に一番自信を与えてくれるアゲマン女性

だったような気がしますし番組の最後で婚約を発表されていたように2人ともブランディングや番組の構成で好きになったのではなく本当に惹かれ合った様に見えます。飾らない西山真央さんもすごく素敵でしたが、大内悠里さんとは少しキャラが違って前も少しお話しましたが”自分が追いかける恋愛のリソース”というものが男性にとって結構エネルギーを削ぐような生き方になってしまうということを個人的には多くの方は知らずに恋愛している(結婚している)様に感じます。ですが、スタジオも参加者も言っておりましたが大内悠里さんと居るときの長谷川惠一バチェラーの”オス味がすごい”と。個人的にもそう思いますし、”オス味”という言い方だと分かりにくいですが上品な日本語に置き換えると”自身を持たせてくれるアゲマン女性”だったのではと考察します。分かりやすく、自分に照れてくれたり謙虚だったり自己肯定感低めの女性って無条件に守ってあげたくなるもの。そんな飾らないというか独特の間や表現で長谷川惠一さんを虜にしていった大内悠里さんと西山真央さんをアフターローズ番組で比較すると、ラブラブなバチェラーと大内悠里さんを見ていると妙に西山真央さんがさっぱりした女性に見えてきて、バチェラー長谷川惠一が欲しい愛はこうした

一方的にも感じるような少女のような純粋な愛

だったのかもしれないと思うと、本当に素敵な二人の成長物語を見せてもらった気がしてお金やスペックは現状大きくないけども経営者同士2人でビジネスも恋愛も大きくしていこうというパートナー感的雰囲気も良くてある意味大内悠里さんと以外の結論はなかったんじゃないかと思うほどでした。

今回のバチェラー5はある意味でバチェラーシリーズの転換点になるような作品だったと思います。金満バチェラーではなく、これから起業し成長しようとするアスリートでありバチェロレッテで深い傷を負ったバチェロレッテ出身のバチェラー長谷川惠一さんを取り上げたことで”ハイスペ男子を取り合うことだけが真実の愛ではない”というある意味でSDGsのような現代のジェンダー価値基準に合わせたかのような爽やかな”令和の新バチェラー”だったように思います。大内悠里さんも当初はイロモノキャラかと思われましたが、ストールンローズをきっかけに注目されることになり競馬で言うと大外一気のようなジェットコースターロマンスのような劇的な逆転劇で映画かドラマを見ているかのようでした。お金持ちの男性に”幸せにしてもらいたい”という受動的な愛情ではなく”自分がバチェラーを一途に想い続けるんだ”というある意味でピュアな女性を選んだ長谷川惠一さんも素晴らしかったと思います。拝金主義的な番組だと思って敬遠していた方も今回のバチェラーシリーズは婚活バラエティーというより、リアルな恋愛リアリティ番組として見ていただいてもいいような感じさえします。THEバチェラーって感じは前回のバチェラー4の黄さんかなーとは思いますが、長谷川惠一さんのような新しい形のバチェラーも個人的にはまた見てみたい気にもなりました。長谷川惠一さん、大内悠里さんおめでとうございます。末永くお幸せに!