本能ブログ【富裕層メディア】

メンバー全員経営者■ブロガー■好き→ロレックス・ベンツ・ポルシェ・ライカ・RIZIN・バチェラー・韓国エンタメ・ハイブランド・旅行東京グルメ□ブロガー集団■富裕層のライフスタイル”本能ブログ■

Macユーザー必携 Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PDハブ

Macユーザー共通の悩みといえば、外部接続ポートが少ない問題。
私が使用している13インチMacBook Pro M1はThunderbolt(USB-C) が2つしかなく、HDMIポート、SDカード、イーサネットポート(LANポート)に対応していません。他のモデルでも多少の差はあれども同じような状況で、Macユーザーはその問題を解決するために何かしらのハブを購入する方が多いと思います。

今回はAnkerの製品から"PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PDハブ"を購入してみて、個人的には高評価だったので、この製品の良い点、そして改善したい点を含めてレビューしてみます。

PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PDハブおすすめポイント

  • 軽量で持ち運びしやすい
  • 高画質出力(4K出力対応のHDMIポートを搭載)
  • HDMIが安定している
  • microSD&SDカードスロットへの接続も可能
  • シンプルでシックなデザインが魅力
  • イーサネットポート付き
  • 取り外し簡単
  • 対応デバイスの幅が広い
  • ケース付き
  • 48Wまでの高出力でフルスピード充電が可能

このPowerExpand+ 7-in-1 USB-C PDハブの最大の魅力はその多機能性です。この1つのデバイスにSDカード・USB 3.0ポート・イーサネットポートが付いており、HDMI出力ポートがUSB Type-cにより、様々なデバイスを接続できます。これにより作業が大幅に効率化されます。

 

そして、驚くほど使いやすいのです。すべてのポートがわかりやすく明確に表示されているので、接続が簡単です。さらに、ドライバーのインストールなども必要なく、Macに接続するだけですぐに使用することができます。USB Power Delivery(USB PD)に対応しているので、MacBookなどのUSB-Cポートを搭載したデバイスに接続すると、デバイス充電をしながら使用できます。

また、イーサネットポートがついているのもポイント。ノートPCユーザーは普段Wi-Fiを使いますが、Wi-Fiが不安定になったり繋がらない時には、有線で利用できます。テレワークや高速・大容量のファイルダウンロード、ビデオ会議などにも非常に便利です。

さらに、この製品はすべてのポートを1つのデバイスにまとめてくれるため、持ち運びも便利。これ1本あれば複数のアダプターを持ち歩く必要はありません。そして驚くほど軽量(約114g)なので、移動も楽ちんです。

 

専用ケースが付属しており、Thunderbolt 4(USB-C)ポート部分がポケットに収納できるような工夫が施されています。こういう細かい配慮がAnkerさんのいいところ。

PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PDハブの要改善ポイント

  • 数時間使用すると発熱する
  • 同時に複数のポートを使用する場合は注意が必要
  • 高性能なノートパソコンや転送ノートパソコンを使用する場合、より高出力の充電器が必要になる可能性がある

ですが、これらは"強いて言うならば"の点で、私個人としては、そこまで気になるレベルではありません。発熱については1年以上使用していますが、不具合はなく問題ないように感じます。

同時に複数のポートを使用すると注意が必要になるのは、コンパクトで軽量なデザインのため、プロトコルの配置が密集してしまうからです。

これらを考慮しても、Macユーザーの皆様にはこのハブを強くおすすめします。7つのポートが1つにまとまっていて便利な上、軽量でおしゃれで安定しています。購入後の保証も18ヶ月間ついていますし、Anker Japan公式サイトから購入すればさらに保証期間が6ヶ月延長されます。全ての必要な端子が網羅されていて大満足です。これからも大事に使っていきたいと思います。