【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

一缶1250円!!高級サバ缶”No.38”はギフトにも最適なオシャレでラグジュアリーな新コンセプトだ

f:id:honknow:20210122231029j:plain

女性のみなさん男性へのギフトでお困りではありませんか?甘いものが苦手な男子だともうプレゼントに困りますよね(笑)そんなとき保存も効く高級サバ缶はいかがでしょう。自分もギフトで頂く機会があり食べたところ大変美味しかったのでご紹介します。

缶詰ブームを牽引。No.38 とは

f:id:honknow:20210122230912p:plain

昨今の時短ブームもあり手軽におかずを一品増やせることもあり密かなブームになっている高級缶詰。そんなブームを牽引するのが大阪発の「No.38(ナンバー・サーティエイト)」ネーミングの由来は

「人それぞれが持つテーマ曲“ナンバー”のように身近な存在で居たいという思いを『No.(ナンバー)』に。そして大切な素材“サバ”を数字の『38』で表記することで、世界中の方に覚えていただけるようにしました。いつかは日本から世界中へ届けたいというブランドミッションを込めています」(precious.jpより)

単なる当て字で「38」にした訳じゃ無さそうですねw

HPもキレイですしパッケージもかなりデザインされており意欲的なプロダクトということが伺えます。

f:id:honknow:20210122230917p:plain

素材と味を徹底的に追求したコンセプトで保存食としてのそれではもはやありませんw語るべきことが多いこのNo38ですがまだまだエピソードがあります!

1:手間暇かかる手作業で行う調理工程
「通常のサバ缶は機械作業ですが、私たちの目指すサバ缶は手間のかかる手作業でしか再現できませんでした。切り身をカットし、缶に綺麗に詰める工程、あく抜き作業や多くの調味料の注入など、すべて手作業で行っております。複雑な調理工程を経ることで、サバ缶特有のくさみがなく、本来のサバの風味を味わっていただけます」(precious.jpより)

まさかの手作業だそうで、どうりで美味しいわけです。実際に食べた自分の感想としては缶詰とは思えない風味と身の柔らかさを感じその理由が手作業にあるのだということが今回分かりました。

2:サバの素材を生かす加熱工程
「加熱工程は大量ロットでは調整しきれない温度調整を行っております。加熱は2回行われるのですが、1回目に一気に過熱しないことで身をやわらかくほぐし、2回目は素材を生かした綺麗な白身を保つことを実現しています。そうすることで、ふっくらとしたサバ本来の素材を生かした旨味を味わえる缶詰に仕上がっています」(precious.jpより)

先程もお伝えしましたが本当に身がふっくらしていてかつ柔らかい感じもあり本当に美味しいサバを食べているといった感じなのです。加熱工程が食感に影響することを考慮し時間をかけて調理されている感じを聞くと1250円でも安い気がしてきましたw

3:見た目の美しさにこだわった製法
「開けた瞬間の美しさにもこだわりました。唐辛子やローリエを丸ごと使い、開封したときにトッピングされた状態になっております。そのため、テーブルにセットするだけで、そのまま召し上がっていただける華やぐ一品に仕上げました」(precious.jpより)

f:id:honknow:20210122230944p:plain

↑公式HPより拝借いたしましたが開けた瞬間こんな感じで、キレイに盛り付けられているのです。つまりお皿に移し替えなくても缶もキレイな白色ですし簡単に言えば映えるおかずになるという訳なのです。考えられたデザインはまさか開けた瞬間にもあるなんてすごいコンセプトですね。

4:パッケージのこだわり
「パッケージに描かれたサバのイラストは、サバの商品であることを繊細なタッチで表現することで、缶詰にとどまらない品格とユーモアを表現しております。パっと見て『何が入っている?』が分かるサバのイラストと、『何の商品なのか?』と思わせる期待感。一見相反する要素を共存させ、お渡しするときからワクワクしていただく、おもてなしにも最適なパッケージに仕上げました」(precious.jpより)

f:id:honknow:20210122231029j:plain

成分やら賞味期限やら文字の羅列が一切ないサバの絵と数字の記号だけのパッケージ。サバ缶界のAppleかジョナサン・アイブかのようですwしかし高級感もしっかり表現されていてすごいなーと思いました。

5:生産者としてのこだわり
「『料理のようなグルメサバ缶に仕上げたい』という想いを込めて開発しました。 食感にもこだわり、骨が極力入らないサバ缶にするため、サバをフィレ状にしたものを使用しています。また、サバを贅沢に使用しているため、同グラム数の缶詰より身がぎっしり入っている印象を持っていただけるかと思います。そのため、生産数が少なくなっていますが、本当においしいものだけをお届けしたいという思いにこだわり、満足いただける一品に仕上げました」(precious.jpより)

公式HPに記載がありますが、これから製造する分の予約を受ける感じのオーダー方法を取っています。保存が可能だからといって作り置きせず出荷してすぐ食べてもらいたいという熱意も伝わってきます。

様々な味のバリエーション

f:id:honknow:20210122230928p:plain

公式HPでは5種類の味が販売されています。それぞれサバとのマッチングを考え抜かれた調理法にて味付けされたというだけでなくオシャレなデザインも素晴らしいと思います。

f:id:honknow:20210122230939p:plain

自分が頂いたのはこちらの珠玉の3缶セットでして、全部の味を食べていないのですがカレー味は大変美味しくお酒のおつまみとしても大変に合うと思います。

f:id:honknow:20210122230957p:plain

カレー味と言ってもこのように、液状部分がさらさらでサバの風味を消さない程度の味のこさに調整されています。シンプルなレビューですがこんなに美味しくサバを調理して出されたのは今までにないぐらい美味しかったです。

f:id:honknow:20210122231036j:plain

パッケージも非常にオシャレで凝っていて自分用にもギフトとしてもオススメです。1年以上の保存期間もありますし、買っておいて外出したくないとき用の食事としても重宝しそうで高級な非常食としても活躍してくれそうですw3500円の3缶パックがおすすめですのでまずは自分用に気軽に注文していただけたらと思います。

www.no-38.com