【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

東京オリンピックをネットで見よう~ネットで見れるサイトまとめ

f:id:honknow:20210728220337p:plain

観客入れて開催したかった!ホッピーです。
ついに始まりましたオリンピック。前回のリオは時差の関係で寝不足になりながら見ていましたが、今回は時差ゼロ!いつでも見れるなと思っていたら、逆に仕事でリアルタイムでは見れないという事実。家に帰ってその日のダイジェストを消化するような毎日を送っています。

しかし、世の中便利になったもんで、スマホやPCでリアルタイムでオリンピックを中継してくれるようになりました。仕事中もサボってオリンピックを見ることができる!そんなサイトをまとめてみました。

gorin.jp

f:id:honknow:20210728220733p:plain

まずは民放オリンピック公式動画サイト「gorin.jp」
東京2020オリンピックの民放各局で放送する競技の全てのライブ配信しています。ブラウザでgorin.jpにアクセスするだけで見ることができるので一番手軽でおすすめのサイトです。

 

このようにスマホでリアルタイム中継を楽しむことができます。
Wi-Fiがある環境であればイチオシのサイトです。

動画だけじゃなく、競技の日程や選手の情報も提供されていて、正直ここに毎日アクセスしてればほとんどの情報にアクセスできるんじゃないかと思います。

 

NHK+

https://plus.nhk.jp

通常であれば、利用登録が必要になるNHK+がオリンピック期間中は総合テレビとEテレで中継する競技をすべて同時配信しています。また期間中は受信契約を促すメッセージも表示されないので、NHKの契約をしていないあなたも遠慮なく見ることができるようになっています。

ただし、登録なしでみることができるのは同時中継のみ。アーカイブされたものを見るのは登録が必要なことには注意が必要です。

さすがNHKはキャプチャすると画面がきちんと消えるようになっていますが、こちらもなんの問題もなく中継を見ることができます。

スマホでもPCでもNHKの放送を普通に見ることができるので、寝る前にデイリーハイライトをテレビで見るのではなく、寝室でスマホで見ることができてしまうので寝不足が加速してしまいます。

https://sports.nhk.or.jp/olympicではそのほかさまざまなオリンピック関連のニュースを確認することができます。

TVerアプリ

民法をネットで見れるTVerはgorin.jpの運営と同じなので、アプリを通してgorin.jpを利用する形になります。

NHK+と違って、過去のアーカイブや関連動画も見ることができるので、みたい競技が決まっている場合や振り返りたいときはTVerやgorin.jpがおすすめです。

gorin.jp

plus.nhk.jp

tver.jp