【本能ブログ】大人の物欲全開ブログ

■物欲全開メディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

NATOバンドを付けてApple Watch Series8をミリタリーテイストにする【アップルウォッチシリーズ8】【アップルウォッチバンド】

これまでApple Watchを購入するときはスポーツループを選択して、Amazonなどでスチールのバンドを購入して付け替えていましたが、今回はサイトで見たときにちょっとミリタリー感が出るかとセコイア/ピュアプラチナムNikeスポーツループで購入してみました。
しかし、届いたバンドをみるとそこまでオリーブ色が強くなく、ちょっと想像と違う感じに。運動するときは良さそうですが、普段使いにはちょっと使えないかなと思い、いい機会なので、もっとミリタリー感を出すべくAmazonでNATOバンドっぽい商品を探してみました。

NATOバンドとは

NATOバンドとは、ナイロン素材で作られた軽くて丈夫な時計ストラップで、腕でも洋服の上からでも軍事行動中にしっかり固定されるように長い1本のベルトでできていて、英国軍の標準装備品となった時計のストラップが由来となっているようです。

NATOベルト(ナトーベルト、NATOストラップ)は、もともと英国国防省(MOD)が戦時用に開発した腕時計用のベルト。ナイロンや木綿,皮革でできており、金属が利用者の肌に触れるのを防ぎ、安定した着け心地を提供する。耐久性のあるベルト (服飾)は湿気が肌に浸透するのを防ぎ、腕時計のバネ棒の1つが外れた場合でも時計を手首に固定し、落下するのを防ぐ。また、時計ケースのバネ棒をスライドさせて適切なノッチにスライドさせ、折り返して余分なストラップを固定するとともに、ベルトのメイン部分からはみ出さないようにするようにして装着する、ワンピース形式のベルトである。

NATOベルト - Wikipedia

TIMEXのウィークエンダーなんかが一般的に有名かもしれません。
Apple Watchは背面にセンサーがついているので、上記のような1本のベルトをつけるわけにはいきませんが、上の写真のような雰囲気にしようと思いました。

また、NATOストラップを最初に提供していたOMEGAでは現在でもループ式の長いNATOストラップを販売しています。

www.omegawatches.jp

Apple Watch用NATOバンド3選

Archer Watch Straps プレミアムナイロン交換用バンド Apple Watch用

3998円
ちゃんと箱入りで到着したこちら。

ベルトが2枚重ねでしっかりした作りで、最初は硬いかなと思ってしまうぐらい。

リングがナイロン素材なのでNATOストラップよりTIMEXのキャンパーに近いイメージです。これはこれで悪くないかと思いました。

atelierCODEL Apple Watch バンド レザー

3990円

安心の国産をということで、栃木レザーも使われている高品質のベルト。

Apple Watchと繋ぐ金具がHermesのベルトのような形状になっていてちょっと高級感が増します。

つけ心地はいいのですが、レザーの高級感が逆にミリタリー感を薄めてしまっている気がします。

Airself Apple Watch 対応ベルト コンパチブル  NATOベルト

金額も一番安く、ビニール袋に入っただけで一番期待していなかったこのベルト。
結果的にこれが一番シンプルでNATOストラップ感が出ていて採用されることになりました。

シンプルでメタルのバックルがいい感じを出しています。価格も安いので汚れたら買い替えてしまえばよさそうです。



シルバーのApple Watchの場合はシルバーのバックルも選択できるようです。

Apple Watchのベルトを交換してみよう。

ふと気づけば、多くの人が身につけるようになっているApple Watch。純正のベルトをそのまま使っている人も多いですが、簡単にベルトを交換できるようになっているのもApple Watchのいいところ。値段も高くないので、気分で交換してみるのも楽しいですよ。

www.honknowblog.com