【本能ブログ】大人のライフスタイルブログ

■深堀りメディア”本能ブログ”■ブロガー/コラムニスト■メンズファッション/カメラ/時計/猫/ヘルスケア/ガジェット/レビュー/投資/

プレ値続出!ロレックスヲタが見た”ロレックス人気ランキング2020”(前編)

f:id:honknow:20201208151018p:plain

三度の飯よりロレが好き!さじゃんです。Supremeと言い、レア物はいつの世もプレミア価格(需要と供給のバランスが崩れ、正規料金では買えない状態)になってしまいます。特に近年のスポーツロレックスはその傾向が顕著で、正規店で正規料金でロレックスを買うのは絶望的な状況となっております。そんなスポーツロレックスを中心とした人気モデルのランキングが自分もお世話になったことがある「ロレックス専門店」のクォークさんから発表になりました。今年のランキングをロレックスヲタの自分と一緒に振り返っていただけたらと思います。

不動の一位はあのキングオブROLEX

f:id:honknow:20201208151026p:plain

1位:コスモグラフデイトナRef.116500LN(白文字盤)

もう、詳しい方ならご存知ですよね。新型になりベゼルがセラミックBLACKに生まれ変わったコスモグラフデイトナ(Ref.116500LN)の白文字のVerになります。デイトナは知らない方のためにお伝えしますと、デイトナのSS(ステンレス)モデルは正規料金で買うことはほぼ不可能とされスポーツロレックス界イチのレア度を誇ります。実は自分も同じモデルを持っておりデイトナ好きが講じてメディア取材を受けたこともあります。

www.honknowblog.com

実物を見る機会すらなかなか、与えてもらえないデイトナですが銀座や中野の時計屋さんや先ほどご紹介したクォークさんなら在庫はあると思うのでぜひ一度見ていただけたらと思います。人気なのも頷けるほどスポーツロレックス界イチ美しいと個人的には思っています。

f:id:honknow:20201208153745p:plain

ロレックスの美しさは精巧に作られたそのケースと文字盤にあると言っても良く、特にモデルをチェンジ後BLACKのベゼルになった現行のRef.116500LNは過去モデルよりもドレスウッチ的な美しさを放っていると思っています。

f:id:honknow:20201208154207j:plain

自分のデイトナです。僕はロレックスを「普段使い」するために購入しています。中には資産価値を上げるために新品未開封のままの方もいると聞きますが自分は仕事でもプライベートでも基本的にはつけっぱなしです。若干のスレはありますが、強度的にも安心感を持って使えるデイトナだけあって1年以上使っていてもこの美しさ。本当に素晴らしいモデルで人気一位も納得です。4位には同じデイトナの黒文字モデルがランクインしております。

f:id:honknow:20201208155819p:plain

前時代のデイトナはRef.16520の黒文字盤が人気でした。ベゼルのシルバーがとの相性が黒のほうがマッチしているからかデイトナといえば「黒文字盤」というオールドファンの方も多いかと思います。ではなぜ現行のRef.116500LNは白文字盤の方が価格が高騰し、人気なのでしょうか。この疑問をお付き合いのあるROLEX正規店の営業さんにぶつけたことがありました。

Ref.116500LNになり単純に白文字盤の供給量が少ないのが一因

だと思うとお答えをいただきました。なるほど、個人的には顧客がブラックセラミックベゼルとのマッチングを考え白が人気なのだと思っていましたが答えは違っていたようです。では、クォークさんでの2020年12月8日現在のRef.116500LN白文字盤の価格です。

f:id:honknow:20201208160725p:plain

3398000円(税込)でございます。最新版の定価が1387100円ですから、

定価の2.45倍のプレ値

となります。スポーツロレックスは、金相場のように(言い過ぎかw)市場価格が変動することで知られ市場への供給量や社会情勢などにも大きく影響されます。

f:id:honknow:20201208161328p:plain

去年の年末には280万円前後で推移し、株や為替とな同じ時期にコロナショックで一旦下がるも不死鳥のように高騰し続け現在はなんと330万円の大台に突入しております。中古市場でも300万円アンダーで購入するのは現状難しく、新品、中古ともにプレ値が跳ね上がっている印象があります。

f:id:honknow:20201208162737p:plain

330万円となると腕時計の金額としてはかなり高額ですし、デイトナは他に素材が高級なプラチナやホワイトゴールドモデルもあります。SSより定価も高額ですがプレ値幅としてSSモデルに人気が集中していることもあり、プレ値の上がり方はプラチナやホワイトゴールドモデルよりも凄まじいものがあります。330万あれば、MINIクーパーやAudiのA3、メルセデスAクラスも新車で購入可能ですwそう考えると、この値段こそがこの定価からの乖離こそがデイトナの人気であり価値である部分も感じざるを得ません。コロナが一段落していく今、価格はどの様な推移を見せるのでしょうか。また定期的に報告させていただきますw

2位:エキスプローラーⅠRef.214270

f:id:honknow:20201208162711p:plain

キムタク世代御用達、エキスプローラーⅠでございます。2010年のモデルチェンジで36mmから39mmにサイズアップしたこのモデル。旧来の男女兼用にもできそうなシンプルでコンパクトな装いが人気だったエキスプローラーⅠで当時このサイズアップは物議を醸しましたが、計算しつくされたモデルチェンジで有名なROLEX。今ではすっかり39mmモデルが浸透し”100万アンダーで買えるスポーツロレックス”として、買いやすさ、TPOを選ばないそのデザインが不動の人気になり今回の2位という結果につながっていると思います。

f:id:honknow:20201208163504j:plain

こちらも私の一軍時計でして、バリバリ普段使いしていますからケースにややスレがありますが黒文字盤が漆黒でデイトナとはまた違った

ワビサビを感じるシンプルの極地

と言った感じで好きな時計です。スーツにもモチロン合いますしカジュアルな服にもSupremeやストリートにも対応してくれる「万能スポーツロレックス」これがエキスプローラーⅠなのです。クォークさんの2020年12月8日現在のエキスプローラーⅠの新品のお値段ですが

f:id:honknow:20201209104002p:plain

1038000円(税込)でございます。最新版の定価が687500円ですから、

定価の1.51倍のプレ値

になっております。先程のデイトナが2.45倍でしたので随分穏やかに見えてしまいますが、100万円を超えてしまい以前ほど買いやすさが減少した印象も否めなくなってしまいました。

f:id:honknow:20201209104442p:plain

去年の年末には80万円台で推移し、今年の夏頃からじわじわと高騰し続け現在はなんと100万円の大台に突入しております。ただ中古市場でも流通量が多いエキスプローラーⅠですので前のモデルや状態によっては70~80万円で探すことも出来ます。ただデイトナと同じで今年はコロナショック関連なのか新品、中古ともにプレ値が上がっている印象があります。

f:id:honknow:20201209110052j:plain

(比べてみるとデイトナって実は小ぶりな時計だったりします)

1位と2位を掘り下げただけなのに凄まじいボリュームになってしまったので、3位以降は次回とさせていただきます。デイトナとエキスプローラーⅠどちらも素晴らしい時計です。ボーナスシーズン、初めて自分にいい時計をとお考えの社会人の皆様ROLEXを検討に入れていただくと「値下がりしにくい」ワンチャン「値上りの可能性」があるスポーツロレックスを検討に入れてもらえたらと思います。